C・ロナウド、最新の「移籍金評価額」で“43億円”減 前回11位から49位へ大幅ダウン

C・ロナウド、最新の「移籍金評価額」で“43億円”減 前回11位から49位へ大幅ダウン

  • Football ZONE web
  • 更新日:2018/01/12
No image

スイスの調査機関「CIES」が恒例のランキングを発表

レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは2017年に、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと並び史上最多タイとなる5度目のバロンドールを受賞した。だが今季はリーグ戦でいまだ4ゴールと波に乗れず、チームも低迷しているため現地メディアからの批判を集めている。

そうしたなか、スイスのサッカー専門調査機関「CIES Football Observatory」が、独自データを基に算出して発表する恒例の「移籍金評価額トップ100」で、ロナウドは49位と格付けされ大幅ダウンとなっていたことが判明した。

市場価格には年齢も関係してくるため、2月に33歳となることが大きな影響を与えたのだろうか。今回発表されたランキングで、ロナウドの市場価格は8040万ユーロ(約107億円)と評価されたが、昨年6月のランキングでは1億1240万ユーロ(約150億円)で11位にランクイン。バロンドールを受賞した直後に3200万ユーロ(約43億円)も評価額を落とし、じつに38位も順位を下げることになった。

1位はパリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールで、評価額は2億1300万ユーロ(約284億円)。2位はメッシで2億220万ユーロ(約270億円)、3位はトットナムのイングランド代表FWハリー・ケインで1億9470万ユーロ(約260億円)となっている。

レアル勢トップはイスコ、ベイルは100位圏外

昨季UEFAチャンピオンズリーグを連覇し、12月にはFIFAクラブワールドカップも制したレアルだが、ロナウドを超える評価額を得たのは45位のスペイン代表MFイスコのみで、8540万ユーロ(約114億円)という評価だった。またロナウドとともにレアルの看板3トップ「BBC」を結成してきたウェールズ代表FWギャレス・ベイル、元フランス代表FWカリム・ベンゼマは、今回発表されたランキングではトップ100入りも逃している。

アスリートの世界では加齢と評価額は反比例するものだが、バロンドロール獲得直後に評価額で38位も順位を落としたロナウド。今季リーグ戦での不振により、スペインメディアからの批判も高まるなか、誇り高きエースは圧巻のゴールラッシュで見返すことができるだろうか

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
マインツFW武藤嘉紀、嫌な流れ断ち切る2ゴール
レスターが“メモリアルゴール”で勝利! 決定機逸も岡崎には万雷の拍手「今日もシンジは素晴らしかった」
武藤嘉紀が1試合で2ゴール奪う! 自らシュートのこぼれ球を押し込む
ウォルコットがアーセナル退団を語る「夜に出ていかなければならなかった。静かだったよ」
サンチェス不在無問題。アーセナルの攻撃陣が躍動し大量4得点でC・パレス下す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加