軍事行動より制裁履行を “発射”受けトランプ政権

軍事行動より制裁履行を “発射”受けトランプ政権

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/09/15
No image

動画を見る(元記事へ)

15日朝、北朝鮮がまたミサイルを発射しました。韓国と軍事演習を重ねてきたアメリカの反応をワシントンから報告です。

(山下達也記者報告)
アメリカ太平洋軍は、ミサイルは中距離弾道ミサイルだったという分析を発表しました。アメリカ本土、グアムへの脅威ではないとしましたが、国内では不安感が強まっています。トランプ大統領はホワイトハウスで側近から説明を受けています。まだ公式な声明は出していません。ミサイル発射直前に北朝鮮問題について聞かれた時には「アメリカは中国と非常にうまくやっている」と述べて、制裁の履行が進むことに期待を示しました。また、「アメリカにいる人は安全だ」とも述べ、アメリカ人ファーストな考えもにじませました。専門家は、北朝鮮が制裁を強めても挑発はやめないということをアピールした、また、核保有国と認めて話し合うしかないという分析も出ています。また、アメリカ軍がミサイルを迎撃しなかったのは同盟国からの信頼を失うという批判も出始めています。トランプ政権は制裁決議を採択したばかりなので、軍事行動よりも各国の制裁履行を求める考えです。ティラーソン国務長官は声明を出し、中国やロシアに北朝鮮への石油輸出や労働者の雇用を考え直すように求めました。トランプ大統領は17日にニューヨークに移動し、国連総会に出席します。国連での演説では北朝鮮問題も中心に据えて各国の連携強化、圧力強化を呼び掛ける方針です。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2017

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
よく考えてみると「日本って世界最強の島国じゃないか」=中国報道
北朝鮮が日本の方向にばかりミサイルを撃つ理由=中国
アフリカを飲み込みつつある中国人のエゲツない「黒人差別」意識
日本が分析した「韓国人を苦しめる方法」が正確すぎる!韓国ネットで話題に
韓国で若い世代の売買春が急増、処罰の甘さが問題に=韓国ネット「いつまで青少年を保護するの?」「お金のために売春する人も処罰すべき」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加