夏より危険?スキー場での日焼けに注意

夏より危険?スキー場での日焼けに注意

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2018/01/16

2018/01/14 10:57 ウェザーニュース

ウィンタースポーツのシーズン真っ只中!
降り注ぐ日差しと白銀の世界…スキーヤー・スノーボーダーにとってはワクワクする風景ですが、ここで注意しないといけないのが【日焼け】です。
〔リンク〕全国 スキー場の天気予報

冬の紫外線は弱いといえど…

No image

ソラテナ:ウェザーニュース独自観測機

こちらは東京渋谷で計測された紫外線(UV-A)の量です。今の時期が年間で最も少ないものの、それでも夏の7割程度は降り注いでいることがわかります。※グラフは下端以下を省略しています。

「まぁ7割程度なら…」なんて思いますが、降り注ぐ紫外線よりもに厄介な存在が…。

“照り返し”でも日焼け…

No image

夏場に「日傘をさしていても日焼けしちゃった」なんてことがあると思います。これは、地面などに反射した光(照り返し)が当たることで、日焼けしてしまっているのです。

もちろん、この照り返しは、水面や雪面でも起こります。では、その反射率はどの程度なのでしょうか。

雪面は“照り返し”が強い

No image

上図を見ていただくと分かる通り、「コンクリート」は5%程度、夏の海でイメージのある「水面」でも20〜40%。
それらに比べ「雪面」はなんと80%と、高反射率なんです。

つまり、夏の紫外線を1とした場合、照り返し含めて降り注ぐ紫外線量は…

夏の街なかでは、1+0.05=1.05
冬のスキー場は、0.7+(0.7x0.8)=1.26

と、夏の日常生活以上ということになります。
※時間帯や条件により異なるため、あくまでイメージです。

しっかり対策して行こう!

せっかくの楽しいウィンタースポーツ。
あとで「しまった!」とならないよう、特に晴れた日はしっかり日焼けどめを塗るなど紫外線対策をして行きましょう!

〔リンク〕全国 スキー場の天気予報
〔リンク〕この先の天候 長期見解

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ニトリのティッシュケースが画期的!「例の悩み」が解決されるぞ
エナジードリンク「副作用」がハンパ無いことが判明!若者の半数は感じている
女性社員が「仕事ができない男だ!」と感じる居酒屋の注文3選
小室哲哉会見の100分全記録「5年前から男性的能力なく、男女関係ない」「会話がもたないKEIKO」
“一番最初に何が見えたか”でわかる「恐い心理テスト」がスゴすぎる! 死、病気、裏切り... あなたが無意識に恐れていることがズバリ判明!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加