Teslaのお手頃な電気自動車「Model 3」 発売は2018年の終わり頃に延期か?

Teslaのお手頃な電気自動車「Model 3」 発売は2018年の終わり頃に延期か?

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2016/11/30
No image

買う時期が遅くなって、一安心…かも?

電気自動車メーカーのTesla(テスラ)が満を持して投入する、普及価格帯モデルの「Model 3」。当初その出荷時期は2017年末を予定していましたが、2018年の非常に遅い時期にずれこむかもしれないんです。

electrekによると今回の情報を伝えているのは、モルガン・スタンレー証券のアナリストのAdam Jonas氏。同氏は顧客向けのレポートの中で、「Model 3の出荷は2018年の非常に遅い時期に始まり、2019年、2020年と段階を踏んで出荷台数を増やしていく」と報告しています。

Teslaは以前、Model 3の生産を2017年中旬に開始し、量産および出荷を同年の終わりに予定していました。しかし今回の情報のように2018年の終わりから出荷が始まるのだとすれば、その計画は1年ほど遅れているという見方もできそうです。

また40万台とされるModel 3の予約台数に対し、Jonas氏は2019年に6万台、2020年に13万台が出荷されるとも伝えています。これが本当なら、後から予約した人はかなり納車まで待たされる可能性がありそうです。

このようにModel 3には、出荷までにいくつかハードルがありそうですが、それでも同モデルが狙う「多くの人が買える実用的な電気自動車」というモットーは非常に魅力的。少し遅れてもいいから、素晴らしい製品を世に送り出してほしいものです。

Tesla車の関連記事:
未来すぎ…。Teslaの完全自動運転の技術デモ動画が公開
Tesla車、2017年1月以降の注文分から急速充電が有料に
Tesla Model Xがちょっとお安く。最廉価版「60D」登場

image byTesla
source:electrek

(塚本直樹)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
折りたたみ式傘かと思ったら、まさかの大画面登場!
ドスパラ、納期最短3日のワークステーション「DP EXPERT」を発表 - 9日から店頭展示も開始
アウディ、スケールモデルで自動駐車に成功...人工知能搭載
ECSがApollo Lake搭載の新型LIVAを発表 - カメラ付スティックPCや学タブも展示
2万円台でお手頃なAnkerのエントリーモデルのロボット掃除機「RoboVac 11」を使ってみた

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加