板前の極秘レシピ。免疫力がUPする「キャベツと鶏のくたくた煮」

板前の極秘レシピ。免疫力がUPする「キャベツと鶏のくたくた煮」

  • まぐまぐニュース!
  • 更新日:2017/09/16
No image

日本の秋冬の食卓の定番といえば、何と言っても鍋料理。美味しくいただける鍋が健康効果も高めてくれるとしたら、これほど嬉しいことはないですよね。今回の無料メルマガ『独身男性が自分で作る簡単! 腹いっぱい! ガッツリレシピ』の著者で現役板前のgatugatu佐藤さんが紹介してくださるのは、まさにそんな鍋料理。どんなお肉でもアレンジが効くというレシピですよ。

鶏もも肉とキャベツのくたくた味噌煮(モツ鍋風)

佐藤です。今回は、「にんにくたっぷりの煮込み料理」を伝授します。

「ニンニクは臭い!」と敬遠される方も多いと思います。私の親父もその一人。キムチにはニンニクが入っていますが私が健康のためにキムチを食べているだけで「臭い、臭い」と文句を言います。ですが、勿体無いです、ニンニクを食べないのは……。「くさい!」イメージが先走って物凄い健康効果があることを知らない方が多いように思います。うちの親父もそうなのですが……。

その健康効果をザックリ挙げると、ガンの予防、アトピーの緩和、膵臓活性化、糖尿病予防、風邪の予防、食中毒の予防などなど、様々な効果があります。これは、ニンニクに含まれる「アリシン」という硫黄性化合物による効果。「アリシン」が生成される前にいろんな作用があってもっとややこしいのですが、簡単にいうと「抗酸化力」があるということです。

他にも「ジアリルスフィド」「アリキシン」といった成分もニンニクに含まれていて強力な抗酸化作用があります。そういった様々な抗酸化物質が、自然治癒力を高めてガンを予防したり、風邪をひきにくくしたりします。

「アリシン」だけで見ると……

皮膚の血行を促進する

ビタミン類と結合して膵臓を活性化

血管を広げ、血管内の汚れを除去

強力な殺菌力

など。これらの作用によって、アトピーの緩和、膵臓活性化、糖尿病予防、食中毒の予防に効果を発揮します。

ニンニクには、ここですべてを書ききれないほどすごい抗酸化作用があります。大雑把に言えば、様々な予防のために「免疫力を上げる」最も簡単な方法がニンニクを食べることだと思います。

これは、私もまだ確実には実践できてないのですが……「ニンニクを食べて臭くなるのは体がその成分を吸収できてないから」といわれていて3ヶ月くらい毎日食べ続けると体が全ての成分を吸収できるようになり、臭いが出にくくなるそうです。何でも同じですが「継続」が大事ということですね。

ま、でも接客をされている方などお仕事の関係でなかなか食べ続けるのは難しいと思います。ですので、休みの前の日に食べるなど少しでも病気回避のため、健康のためにニンニクを食べて頂きたいと思います。

で、おすすめしたい料理が、「鶏もも肉とキャベツのくたくた味噌煮(モツ鍋風)」これは、味噌煮込みのモツ鍋風料理です。「モツ」に抵抗がある方でも食べれるように鶏もも肉を使い、出汁に白味噌、ニンニクを合わせた煮汁に、キャベツと豆腐をぶち込んで、グツグツ煮るだけ。くたくたに軟らかくなったキャベツとにんにくドギツイ味噌の味と香りがよく合います。

今回、鍋風に食べて欲しいと思ったので2~3人前のレシピになってます。これ、夕飯時に作ったので一人で全部食べたら、腹パンパンになりました……食いすぎです……でも、おいしいので最後まで残さず食べれられたのだと思います。レシピ見ておいて下さい。

レシピ

【材料】(2~3人前)

鶏もも肉……200g

キャベツ(中)……1/2コ

もめん豆腐……1/2丁

にんにく……2片

刻みネギ……軽く1つかみ

七味唐辛子……少々

《煮汁》

水……500cc ※

カツオ出汁の素……2~3g ※

白みそ……120~130g

清酒……大さじ1杯(15cc)

みりん……大さじ2杯(30cc)

淡口醤油……大さじ1杯(15cc)

※ できれば出汁を使って下さい

1.キャベツは、だいたい3cm角に切ります。

芯の部分は小さめに切って下さい。

No image

2.豆腐は、1cm幅に切ります。

No image

3.ニンニクは上下を少し切り落とし、皮を剥いて薄くスライスします。

No image

4.鶏肉は、5mm幅くらいでへぎ切りにします。

No image

5.鍋に水を入れ強火にかけます。温まってきたら白みそを溶きます。

みそは温まって入れたほうが早く溶けます。

No image

6.酒、みりん、淡口醤油、カツオ出汁の素、ニンニクも加えます。

隠し味に牛脂を入れるとコクが増して旨いです。

No image

7.沸騰したら、キャベツをぶち込みます。

再度沸騰したら、少しだけ火を弱めます(吹き零れない程度のできるだけ強火)。

No image

8.5~6分焚いたところで豆腐を入れます。

No image

9.続けて鶏肉も入れます。

鶏肉にしっかり熱が通るまで10分ほど焚きます。

No image

10.最後に刻みネギ、七味唐辛子を入れて完成です。

小分けにして食って下さい。キャベツがくたくたに軟らかくなるまで煮込むと甘味が増して美味しいです。

No image

白味噌を買って是非! 作ってみて下さい。アレンジは、キャベツの代用に白菜。ネギをニラにしてもいいですね。牛肉、豚肉でも美味しくできますし、定番通りにモツをぶち込めば脂のうまみが堪能できます。一味か七味は少しでも入れたほうが良いと思います。味が引き締まるので。

出典元:まぐまぐニュース!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

レシピカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アメリカの定番朝食「ベーコン・ストリップ・パンケーキ」って知ってる?
【意外な材料で】卵かけご飯はもう「このタレ」でしか食べたくない!【簡単調味料レシピ】
【元気チャージ】「大葉つくね」でおかわりもう一杯!
とろ~り半熟がヤミツキ!ほぼほったらかしで「台湾風味付けたまご」【エダジュン】
忙しい朝もバランス良く!「キャベたま丼」で今日も元気に頑張ろう★
  • このエントリーをはてなブックマークに追加