稀勢 初場所出場明言も...長期休場明けVはわずか3人

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/12

4場所連続休場中の西横綱・稀勢の里(31=田子ノ浦部屋)が大相撲初場所(14日初日、東京・両国国技館)への出場を明言した。

年6場所制となった58年以降、4場所以上連続して休場した横綱の中で、休場明けに優勝したのは63年秋場所に全勝優勝した柏戸、68年秋場所の大鵬、89年初場所の北勝海の3人しかいない。

一方で03年九州場所中に引退した武蔵丸をはじめ、4人が長期休場後に引退している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
稀勢もう3敗...“休場危機”64年ぶり2横綱2日連続金星配給
坂上忍、休場の白鵬は「40回の優勝ってなんだったの?」
稀勢の里3敗目、質問にも「うーん」答えままならず
朝青龍おいの豊昇龍、大鵬孫に敗れ叔父譲りの負けん気「悔しい」
しゃべった貴乃花親方に笑顔、一門会に錣山ら親方衆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加