「神ってる」が生まれたあの日...緒方監督の一問一答

「神ってる」が生まれたあの日...緒方監督の一問一答

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/12/01
No image

広島緒方監督

年末の風物詩「現代用語の基礎知識選 2016ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞に「神ってる」が選ばれた。広島鈴木誠也外野手(22)が、6月17日、18日のオリックス戦(マツダスタジアム)で2試合連続の決勝弾を放ち、緒方孝市監督(47)が、鈴木をたたえた言葉だった。当日の緒方孝市監督の試合後の談話は以下の通り。

-神懸かってましたね

緒方監督 そういうこと。いまどきの言葉で言うなら「神ってる」よな。言葉では表現のしようがない。

-期待はしていた

緒方監督 確かに期待はね、誠也が打席に立って、何かやってくれるのではないかという、そういうものは感じさせてくれるから。期待していたよ。まさかでもホームランを、サヨナラホームランを打つとは…。それも2日連続で。そこまではね。

-2戦連続で特別な雰囲気、勝ち方

緒方監督 誰しもが思うでしょう。それはベンチで見ていてもね。野球っていうのは「筋書きのないドラマ」じゃないけど、やっぱりこの最後のファンの盛り上がり、今日も超満員で応援してくれたからね。どういう表現をしたらいいかな。こんな試合ね、本当に年間にある試合じゃないよ。 -実力をつけている

緒方監督 そういう打席に巡り合うような形、流れになっている。誠也にしてもチャンスで打席が回ってくるというところで。今はそういう流れになっているのかな。不思議だけど、そういう流れになっている。そしてまた、その期待に応える。めきめきと力をつけてきているよね。成長している。そういう誠也を見て、本当にね。すごいよね。本当にそれしかない。

-監督自身も驚いている

緒方監督 采配のコメントばっかり、反省のコメントばっかり考えていたんだけどね。俺が悪かったって言おうと思ったんだけど(笑い)

-投手陣を救った

緒方監督 岡田も力投してくれたし、本当に報われたと思う。文句はないよ。あれだけの威力のあるボールを投げ込んで、打者をねじ伏せる投球をしてくれている。相手の打者の打球が物語っているよね。失点したのは唯一の失投かもしれない。けどそれを責めようとは思わない。経験していって、彼がああいう場面で、ベストボールを投げれるようになっていってくれれば。カープの柱として成長していくなかで、1つ学んだことだと思う。岡田もチームを勝ちに導いてくれた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人4番候補ゾロゾロ打線「坂本は十分候補になる」
中日打撃投手転身の久本、落合GMから熱い電話「お前だから電話しているんだぞ」
日本ハム・中田、大谷に本塁打数抜かれたら4番降格直訴していた
稲村亜美、平沢をガチ勝負で三振!球審が「神判定」
ロッテ幻の挑発ポスター公開「二刀流vs伊東流」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加