安倍晋三首相、リトアニアのスクバルネリス首相と対北朝鮮圧力強化で一致 ブルガリアのボリソフ首相とも会談へ

  • 産経ニュース
  • 更新日:2018/01/15

【ビリニュス=田村龍彦】欧州歴訪中の安倍晋三首相は13日(日本時間14日未明)、リトアニアの首都ビリニュスでスクバルネリス首相と会談し、北朝鮮の核・ミサイル開発を阻止するため、圧力を最大限まで高めることで一致した。

安倍首相は会談で「北朝鮮はビリニュスも射程に入る弾道ミサイルを発射するなど、欧州全体にとって脅威だ」と訴えた。両首脳は北朝鮮の核武装は容認できず、国連安全保障理事会の制裁決議の完全履行などで圧力を高める必要があるとの認識を共有した。

安倍首相は共同記者発表で「法の支配に基づく国際秩序の維持強化に向け、緊密に連携していくことで一致した」と述べた。中国の海洋進出やロシアのクリミア併合が念頭にあるとみられる。

バルト三国の訪問日程を終えた安倍首相は14日午後(同14日深夜)にブルガリアの首都ソフィアに移動し、ボリソフ首相と会談する。同国は今年前半の欧州連合(EU)議長国を務めており、会談では北朝鮮に対する制裁や日本とEUの経済連携協定(EPA)早期発効に向けた連携を確認する見込みだ。欧州統合に重要なセルビアやコソボなど西バルカン地域の安定と発展に日本が貢献していく考えも示す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「なんか面白かったから」 ホームレスを暴行殺害した10代2人に終身刑(英)
中国の月探査機、嫦娥3号がとらえた月面にある円盤型の謎の構造物
弱体化するドイツの背後で、EU経済破綻国「逆襲」の気配
ロシア非常事態省「外出控えて」 大気も凍る-65°C
大寒波っていうけどロシアに比べれば... 見よ、これが氷点下65度の世界だ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加