【U-17W杯】「消極的になってしまった」森山佳郎監督が悔やんだのは前半の戦い方

【U-17W杯】「消極的になってしまった」森山佳郎監督が悔やんだのは前半の戦い方

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/10/12
No image

久保を中心に攻めるも、ビハインドを跳ね返すまでには至らなかった。(C) Getty Images

[U-17W杯グループリーグ第1戦]日本1‐2フランス/10月11日/グワハティ(インド)

「1点に抑えたのは良かったけど、消極的になってしまった」
フランス戦後のインタビューで森山佳郎監督はこう振り返った。

なかでも指揮官が指摘したのは前半の戦い方だ。U-17日本代表は欧州屈指の強豪を前にフィジカルで圧倒され、初戦のようなアグレッシブさを出せない展開に陥った。

「序盤から守備の安定がせず、僕らも(自分たちで)ボールを失って、相手にチャンスを与えてしまった」と森山監督が話すように、前半はまるで良いところを出せない展開となった。ただ、後半に入ると徐々に改善。指揮官が「後半は押し込んだので、互角に戦うことができた」と言うように、2点目を決められたなかでも戦えていた部分はあった。

次はグループリーグ最終戦のニューカレドニア戦。決勝トーナメント進出を掛けた大一番だ。
「僕らはまだ何も失っていない。決勝トーナメントが本当の勝負なので、ここから頑張っていきたい」(森山監督)。

若き日本代表はフランス戦の課題を残された時間で改善し、さらなる高みを目指すつもりだ。

【PHOTO】2018Jクラブ・新卒入団&昇格内定~高校・ユース編

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ドラマ『陸王』を地で行く「足袋職人のシューズ」が本当にあった
戦力の底上げが進まないサッカー日本代表。控え組の起用で露呈された現在地
YBCルヴァンカップ、25年の歴史を『FOOT×BRAIN』で一気に振り返る
U17代表、イングランドに0―0もPK戦惜敗...無念16強
パラアイスホッケー日本代表、苦難の7年を乗り越えて掴んだ平昌キップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加