『新しい地図』が近藤真彦と正面衝突で大事故に!?

『新しい地図』が近藤真彦と正面衝突で大事故に!?

  • 週刊女性PRIME
  • 更新日:2017/12/06
No image

全面対決に発展も!?

「11月28日にドラマのエキストラ情報が解禁になり、登録“会員数”も伸びているみたいです。フジの『さんタク』正月放送から始まり、ドラマに映画と露出は大幅アップ。

'18年は“ジャニーズの木村拓哉”再始動といったところですか」(芸能レポーター)

'19年公開の映画『マスカレード・ホテル』の撮影と打ち上げが終わり、すぐさま来年1月期のテレビ朝日系ドラマ『BG~身辺警護人~(仮)』の撮影準備が整えられている。その木村拓哉に関する情報を発信しているのが、ジャニーズ事務所が提供する登録無料の『情報サービス』だ。

「ファンクラブ同様に会員番号が発行されることから、いずれは“昇格”も視野に入れているのでしょう。

今のところ会員数は3万〜4万人と見られ、一方の『新しい地図』有料ファンクラブ会員数は、3倍以上の14万人を超えているといいます。仮にサービス《準備中》の中居正広の分が合わさると総勢20万〜30万人。それが元SMAPの実質的ファン数でしょう」(芸能プロ関係者)

一方、11月2日から5日にかけて、AbemaTVで放送された『72時間ホンネテレビ』が話題をさらった香取慎吾、稲垣吾郎、草なぎ剛の3人。するとエンターテイメントの枠を超えた活躍ぶりが認められたのか、11月22日に開催された『GQ MEN OF THE YEAR2017』で、『インスピレーション・オブ・ザ・イヤー賞』を受賞。

そして表紙を飾った『GQ JAPAN』'18年1月・2月号(11月24日発行)が各書店から一斉に姿を消したのだ。同誌を発行するコンデナスト・ジャパンのマーケティング部は、

「ほぼ完売していまして、重版を検討している状況(12月1日に重版決定)です。SNS等でも反響が大きく、“買いたいのに買えない”“非常にいい表紙”などの評価をいただいております。いただいたメールのお名前を見ましても、女性と思われる方が多いのはたしかですね」

すっかり“スマノミクス”現象を起こしている。片や『GQ』が平積みされていた棚には、同日発行のライバル誌『GOETHE』'18 年1月号が山積みのまま。表紙に起用されていたのはナント、近藤真彦だった。まだ1週間ほどの販売で致し方ないのだが、『GQ』即完売の衝撃後だけに少々寂しい。

ここでもさりげなく“バッティング”!?

さらに『新しい地図』とジャニーズトップの“バッティング”は続く。11月28日にサントリーはノンアルコール飲料『オールフリー』の新CMキャラクターに、来年2月から香取と稲垣を起用することを発表した。

「中身とデザインを大きく刷新し、新たな一歩を踏み出すオールフリーのメッセンジャーとして、同じく新たな一歩を踏み出した香取さん、稲垣さんがふさわしいと考え、起用にいたりました」

とはサントリー広報部。草なぎの『1本満足バー』を除いてメンバーのCMは軒並み終了していただけに、新CMはまさに“新たな一歩”だろう。

しかし同社の商品『アイスジン』のCMには、マッチが起用されていて……。

「“ジンジラジンにさりげなく~、そいつが俺の割り方~”とマッチが歌う新CMも4月から放送されています。

過去には同社のビールCMにも出演するなど、彼はゆかりが深い。たしかに商品ブランドや分類も違いますし、“元ジャニーズとの同時起用NG”という明確なルールはありません。が、業界関係者ならば自主規制されるべき事案ですね」(広告代理店関係者)

香取らとマッチとの“併用”(さらには『オールフリー』に草なぎを起用しなかった理由)をサントリーに聞くと、

「タレント契約に関わることですのでお答えできません」

売り上げガチンコ対決の始まり!?

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
藤吉久美子 不倫疑惑に涙の謝罪...「私の軽率な行動で」
ビール女子・天野麻菜、ついに1500日目の投稿
山下智久、今井翼、キスマイ......年明けにジャニーズ離脱者続出の動き! 飯島三智氏「CULEN」に大量移籍へ
森高千里「奇跡の48歳」を証明も、唯一隠せなかった部分とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加