横浜・遠藤 J1通算2万2000点目となるメモリアルゴール!チームは連敗3で止め3位浮上

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/08/25

◇明治安田J1第24節最終日 横浜5―1名古屋(2019年8月24日)

横浜のU―22日本代表FW遠藤渓太(21)が24日のアウェー名古屋戦でJ1通算2万2000点目となるメモリアルゴールを決めた。

3―1の後半33分、味方のシュートのこぼれ球に反応して冷静に流し込み、J1通算2万2000点目の歴史に残る一発をマーク。さらに、同39分にはFWエリキのヒールパスに右足で合わせ、プロ入り後初の1試合複数得点も達成した。メモリアルゴールについては「持ってますね」と笑いながらも、「10人になった相手に1点を返されたが、嫌なムードを吹き飛ばすゴールが決められたことが大きかった」と自身の記録よりもチームに大きく貢献できたことを喜んだ。

チームは連敗を3で止め、3位に浮上。「自分の活躍がチームの結果に反映されるポジションだと思う。僕がどれだけ点を取れるかと自分にプレッシャーをかけながらやりたい」とさらなる活躍を誓った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
C大阪瀬古、初ダービーのG大阪戦「絶対に勝つ」
名古屋がファン感謝デー 小西社長、監督問題で陳謝「決まったことは順次発表」
槙野智章が審判への名誉毀損行為で出場停止処分。当人は「場を和ますような形で言った」と侮辱の意図を否定
名古屋風間監督が解任 後任フィッカデンティ氏濃厚
浦和DF槙野智章、審判侮辱発言で処分「天皇杯には出場できませんが...」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加