最新ランキングをチェックしよう

【商工中金】“ぬるま湯”組織変えられるか 期待される役割は中小企業再建だがノウハウ乏しく多難

  • 産経ニュース
  • 更新日:2018/01/11

完全民営化が提言された商工中金。解体は免れたが、同社が今後、期待される新たな役割は中小企業の経営再建と事業承継だ。この分野は多くの金融機関が進出したくてもできずにいる難しい事業領域。国の補助金という“ぬるま湯”に漬かり続けた組織が、与えられた4年間で新たなビジネスモデルへと変革できるのか、多難な船出が予想される。
 商工中金が中小企業の支援を行うことになったのは、高い技術を持ちながらも、テクノロジ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アメリカでも批判噴出。メイド・イン・ジャパンを誇れなくなる日は近い?
メルセデス GLC 初の改良モデル、デジタルコックピットを最速スクープ
韓国、仮想通貨取引所の全面的な閉鎖を検討【フィスコ・ビットコインニュース】
パナソニック、巨額投資に回収不安か
ホンダ『オデッセイ』に搭載された最上級シート「プレミアムクレードルシート」の真実
  • このエントリーをはてなブックマークに追加