“果敢なスノボ”平野歩夢が「銀」 片山は7位入賞

“果敢なスノボ”平野歩夢が「銀」 片山は7位入賞

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/02/14
No image

動画を見る(元記事へ)

スノーボード男子ハーフパイプの決勝が行われ、平野歩夢(19)が2大会連続で銀メダルを獲得しました。

1回目は着地に失敗して9位に付けた平野でしたが、2回目は高いジャンプや高難度の大技を連続で決めるなど、果敢な演技を披露。95.25の高得点でトップに立ちましたが、3回目でアメリカのショーン・ホワイトが平野を上回る97.75を記録して逆転。平野は2大会連続の銀メダルを獲得しました。日本勢は4つ目のメダル獲得となります。一方、平野とともに決勝に出場した22歳の片山來夢は7位入賞。16歳の戸塚優斗は2回目の演技で着地に失敗。しばらくその場を動けず、担架で運ばれました。重大なけがではなかった模様ですが、3回目の滑走を棄権。結果は11位に終わりました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
極楽とんぼ山本、40代最後のガチ告白をするも玉砕!
姫路城まで散歩できる距離に、とんでもない名前のラブホがあった
TMR西川貴教とお泊まり報道、女子アナの母激怒
ToshIへ失礼な態度、大倉忠義に非難殺到 「感じ悪い」
「椅子の高さ」で日本を非難した韓国メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加