露骨すぎる! 女子が号泣した「愛が冷めてきた男のヒドい行動」3選

露骨すぎる! 女子が号泣した「愛が冷めてきた男のヒドい行動」3選

  • しらべぇ
  • 更新日:2018/09/22
No image

(AntonioGuillem/iStock/Thinkstock)

交際をしていたら、愛が冷めることもあるもの。だが、いままで一緒に過ごしてきた時間を忘れて、気持ちが冷めた途端に女性をないがしろにするような薄情な行動を取る人もいるようだ。

しらべぇ取材班は、女性たちに「破局間際に男性にされて悲しかった行動」を聞いてみた。

(1)いきなり送迎がなくなる

「いつも車で家まで送り迎えをしてくれていたんですが、交際して1年過ぎたある日突然、遊んだ先の最寄駅でひとり降ろされました。

毎回送ってくれていたのにいきなりだったので、車が止まっても『?』状態だったら、『いつも送っているけど、今日はここでいいよね』と…。

結局、この送り迎えがなくなった頃から別の女性といい感じになっていたと発覚。愛がなくなった相手には冷たいんですね…」(20代・女性)

(2)1週間も未読無視される

「毎日頻繁にLINEをしていたのに、いつからか『忙しかった』『スマホが壊れていた』などと返信に2〜3日空くようになった彼氏。

別れ間際には、既読すらつかずに1週間ほど未読無視をされることも当たり前でした。もはやバカにされているとしか思えないですよね…。

こんな思いやりのない行動を繰り返されるうちにこっちもどんどん嫌いになり、おかげで未練なく別れられました」(20代・女性)

(3)SNSに合コン写真を投稿

「気持ちが冷めてきはじめのときに、私ともつながっているのに、SNSに合コンや女性も含めて友人たちと出かけた写真などを投稿した彼氏。

指摘しても、完全に開き直っていて『いーじゃん、別に』と言うだけで、そんな写真を見せられるのもつらくて我慢しきれずに私から別れを切り出しました。

その数ヶ月後に『やっぱり寄りを戻したい、ごめん』と連絡がきましたが、自分が私にしたことを考えろ! としか思えなかった」(20代・女性)

■女性は元カレの幸せを願わない?

しらべぇ編集部が、全国20~60代の恋人がいたことある男女1,058名を対象に調査したところ、「元恋人には幸せになってほしい」と回答したのはどの年代でも男性が多い割合となった。

No image

(©ニュースサイトしらべぇ)

愛がなくなったときに露骨すぎる行動を取ると、別れた後も女性に恨まれることもあるだろう。

お別れを考えているにしても、きちんと最後まで誠実な対応を心がけて、離れた後も幸せを願ってもらえる相手になりたいものだ。

・合わせて読みたい→「浮気の証拠探しがやめられない」と悩む女性 その理由に「ドン引き」の声

(文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日
対象:全国20~60代の恋人がいたことある男女1,058名(有効回答数)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

恋愛カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
良い関係が長く続く!相性のいい大人のカップルが自然とやっている習慣
仕事一筋な男性が理想とする「結婚相手」9パターン
彼女から「子供が産めない体」と告白された男 「まさかの行動」に騒然
夫の単身赴任から始まった家庭崩壊。ただの浮気では終わらなかった...【岡野あつこが語る!実録結婚奇譚】
ふたりの愛が深まる!いつもよりHを盛り上げる方法♡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加