DeNA・佐野、今キャンプで初捕手 ラミレス監督は緊急事態用強調

DeNA・佐野、今キャンプで初捕手 ラミレス監督は緊急事態用強調

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/02/13

DeNA・佐野恵太内野手(23)が13日、沖縄・宜野湾キャンプの投内連係などで捕手に入った。

捕手経験は広島・広陵高3年時から明大2年時の途中までで、昨秋キャンプでも挑戦。今キャンプではこれまで一塁や外野で練習していた。ラミレス監督は「キャッチャーに何かがあった場合の練習でした。他の3人(戸柱、嶺井、高城)と争わせるという意味ではない」と、緊急事態に備えての練習であることを強調していた。

「彼の打撃はすばらしいので、代打として1軍に残す可能性が高い」と、左の代打としての期待値の高さをうかがわせた。

No image

投内連係で普段は外野手のDeNA・佐野は捕手でプレー(登録は内野手)=沖縄・宜野湾(撮影・吉澤良太)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
DeNAドラ8・楠本“プロ1号”は人生初劇弾「たまたま芯に当たった」
青木点火打!山田で同点!バレは連発! 燕再建へヤク者そろい踏み
日本ハムD1・清宮、豪快空振り三振デビュー!「自分のスイングをしたかった」
虎の遊撃手争い激化!西岡“足”で存在感 糸原も2安打でアピール
清宮、三振デビュー 急性胃腸炎“問題なし”9回代打で初打席
  • このエントリーをはてなブックマークに追加