ソフトバンク、バイオ薬品Roivantに1200億円出資 創業者は32歳

ソフトバンク、バイオ薬品Roivantに1200億円出資 創業者は32歳

  • Forbes JAPAN
  • 更新日:2017/08/10
No image

バイオ医薬品企業のRoivant Scienceは8月9日、ソフトバンク・ビジョン・ファンドが主導する調達ラウンドで、11億ドル(約1200億円)を調達したと発表した。出資元にはDexcel Pharmaも加わった。

Roivant Scienceを率いるヴィヴェック・ラマスワミー(Vivek Ramaswamy)は、ハーバード大学で生物学を学んだ後にヘッジファンドに就職したものの、「投資したい薬が会社の事情で世に出されない」という製薬業界の現実に直面し、自ら医薬品開発企業を立ち上げた経歴で知られる。

ラマスワミーが2014年に設立したRoivant Scienceは傘下に様々なバイオ薬品企業を持ち、認知症の治療薬開発を行うアクソヴァント(Axovant)をはじめ、感染症治療薬のArbutus、女性の内分泌系疾患治療薬のMyovant、皮膚病治療薬のDermavant、泌尿器治療のUrovantといった先進的医療企業らをグループに抱えている。

現在32歳のラマスワミーはかつてフォーブスの「30アンダー30」(30歳未満の重要人物)に選出され、2015年には米国版フォーブスの表紙を飾っていた。彼はバイオテック業界の優秀な人材を次々と会社に招き入れ、その中にはがん医薬品企業のメディベーションをファイザーに140億ドルで売却したDavid Hungも含まれる。

また、最近ではバイオ薬品大手のセルジーンでCFOを務めたJacqualyn Fouseを、傘下のDermavantの会長として招き入れた。

ラマスワミーが2015年に上場させたアクソヴァントは、9月にアルツハイマー治療薬intepirdineの臨床試験結果の発表を控えており、関係者から大きな注目を集めている。

今回の出資にあたりソフトバンクグループ・インターナショナルのAkshay Nahetaは声明で次のように述べた。「Roivantは世界レベルの人材を率い、バイオテック技術で医療業界のニーズに応えようとしている。我々はRoivantの野心的試みに大いに共感し、彼らの次のステップを支援していきたい」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
絶対王者"マツキヨ"が3位に転落したワケ
米国、バブル絶頂期に突入...来年一気に崩壊の懸念広がる
もはや富裕層の「節税対策」と化したふるさと納税
ドン・キホーテ、銀行参入「視野には入っている」
EVの最大の問題はバッテリーじゃない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加