最新ランキングをチェックしよう
【映画評】ブルーム・オブ・イエスタディ

【映画評】ブルーム・オブ・イエスタディ

  • アゴラ
  • 更新日:2017/10/13

ホロコースト研究所に勤める40歳のトトは、ナチスドイツの戦犯を祖父に持つ出自から、家族の罪と向き合うために研究に人生を捧げていた。だが、精神が不安定な彼は、2年かけて準備したアウシュヴィッツ会議のリーダーからはずされてしまう。最悪な気分のまま、フランスから来るインターンの女性ザジを迎えにいくが、彼女はホロコーストの犠牲になったユダヤ人の祖母の無念を晴らすために研究に打ち込んでいた。目標は同じだが正

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スティーブン・セガール、ビットコイインの親善大使になる
大事なのは「優先順位」を固定しないこと。『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』押井守監督の制作秘話
たけし、寂しいですかに小さく「うん」大杉さん悼む
高橋一生×齋藤工「ライバルはユーチューバー!?」静かに語った家族&映画のこと
  • このエントリーをはてなブックマークに追加