みなとみらい「ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル」で高級アーバンリゾート満喫!

みなとみらい「ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル」で高級アーバンリゾート満喫!

  • トラベルジェイピー 旅行ガイド
  • 更新日:2018/06/14
No image

みなとみらい「ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル」で高級アーバンリゾート満喫!

「ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル」はみなとみらい駅から徒歩5分。特徴的な建物はヨットの帆をイメージしたもので、みなとみらいと言えばこの建物を思い浮かべる人も多いはず。この地域のシティリゾートと言えばこのホテル。港で有名な横浜を一望できる場所で、施設も充実しているのがポイントです!

みなとみらいのレジャースポットはすぐ近く!

No image

写真:ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル

横浜みなとみらいは今や関東でも有数のアーバンレジャースポット!オシャレに敏感な浜っ子はもちろん、ウイークエンドには近郊から多くの観光客が押し寄せる地域です。秘密はそのアクセスの良さと、凝縮したスポットの数々。「ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル」はその中心にある1つ。みなとみらいの中で一番最初に建てられたホテルで、1991年夏に開業。みなとみらいと言えば、このホテルのシンボリックな外観をイメージする、という方も多いでしょう。

No image

写真:ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル

みなとみらいのショッピングモール、よこはまコスモワールド、赤レンガ倉庫、カップヌードルミュージアム、などたくさんのレジャースポットも徒歩圏です。ホテルのロビーはラグジュアリーホテルらしく、広々とした贅沢な作りです。

写真:二松 康紀

客室からの景色は街側と海側があり、それぞれ特長があるので、好みに合わせて選ぶのがポイント!街側は横浜コスモワールドの観覧車を望めます。遊園地の夜景が見える場所はなかなかありません。海側だと横浜ベイブリッジがみえ、港横浜が一望できますよ。

客室は海をイメージしたブルー基調の落ち着く空間

No image

写真:二松 康紀

客室は10種類あり、どの部屋も快適に過ごせます。このホテルの特長は和室スイートがあること。写真は今回宿泊した9階のスーペリアツインタイプ、海をイメージした内装は白とブルーを基調にしていて、開放的でゆとりがありくつろげる空間です。

No image

写真:二松 康紀

ライティングデスクはスペースが広く使いやすいです。窓側にあるので昼間は明るく、PCや読書にも使えます。ただ、AC電源が近くに無いので、電源タップがあると便利です。

No image

写真:二松 康紀

窓側にはシングルのチェアが2つ、丸テーブルと一緒に配置されています。これが意外と便利、お茶を飲んだり、ビールやワインをちょっと飲みたいときにはこのテーブルが重宝します。ルームサービスをオーダーしたときもここでゆっくり食事が出来ます。

バスルームはとても清潔!

No image

写真:二松 康紀

バスルームはシャワーとバスタブが一体型のタイプ。バスタブは広めなので、のんびり肩まで浸かることが出来ます。シャワーはマッサージ機能付きのものと通常のハンドタイプの2つ。アーバンリゾートホテルとして、リラックス出来る設備です!

No image

写真:二松 康紀

洗面台のシンクは1つですが、広めの洗面台で、自分の化粧道具を一式置いても余裕があります。掃除も行き届いていて、清潔感があり、気持ちよく使うことが出来ますよ。

No image

写真:二松 康紀

バスルームのアメニティ類は、基本のものに加えてコットン類が充実。もし足りないものがあっても予め近くのショッピングモールで購入しておけば困ることは無いでしょう。

ホテル施設は充実、すぐ先にはショッピングモール

No image

写真:ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル

ホテルのフロント階とロビー階下のホールはちょっとしたくつろぎの空間です。ホテルの建物トップ部分に見える女神像「みちびき」の原型がフロント階から階段で降りた場所に飾られています。制作者は彫刻家の吉野毅(よしのたけし)氏。この像は是非見ておきましょう。

No image

写真:二松 康紀

ホテルの施設は充実しています。ビジネスセンターはもちろん、フロント階にはファッションブティックもあり、ホテルならではの商品がたくさんあるので、お土産探しにのぞいてみるといいかも。

ホテルには他に6種類のレストランがありとても充実しています。ホテルショップには、センスの良い横浜土産があり、その場で購入可能。加えてホテルオリジナルの商品やホテルメイドのパンやケーキなども。その他、スパやフィットネスもあるので、ホテル内でゆっくり時間を過ごすことが出来ます。
ホテルの近くには東急スクエア、マークイズ、コレットマーレなど大型ショッピングモールをはじめ、コンビニもあり、ホテルから徒歩で行けるのでとても便利です。

朝食付きのプランは洋食と和食が選択可能

No image

写真:ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル

ホテルの朝食は洋食ブッフェと和食の定食を選ぶことが出来ます。洋食なら横浜港が一望できるブッフェ・ダイニング「オーシャンテラス」で、洋食メニューはもちろん、和食メニューも準備されていて、好きなものを好きなだけ食べたいときや、好き嫌いが多い子供がいるときもここなら大丈夫。
夫婦やカップルなら和食もオススメ。老舗の日本料理「なだ万」の和定食を頂くことが出来ます。

No image

写真:二松 康紀

「なだ万」の朝の食事はセットメニューですが、玉子料理、焼き物も入った栄養バランスの良い献立、食事はご飯かおかゆを選択できます。この日は茶碗蒸しに里芋の炊き合わせ、焼き物は鮭。少しずつ頂けるので嬉しいですね。
そしてこの「なだ万」も横浜港が見渡せるオーシャンビュー。港の風景を見ながらの和食はなかなか良いものです。またブッフェとは異なり、スタッフが持ってきてくれるので、ゆっくりと食事が出来るのもオススメポイント。

横浜みなとみらいのホテルならまずココ!

みなとみらいといったらやっぱりこのホテル!シンボル的な存在のホテルに泊まってみたいと思う人は多いはず。都市でアーバンリゾートを満喫するにはここで宿泊してみてはいかがでしょう。ショッピングモールも近く、ホテルそばにはシーバスの乗り場があり、中華街方面にも船で行くことが出来ます。横浜らしい観光拠点としても使えるのがオススメポイント!たまには優雅な都市リゾートでゆっくりしてみませんか。

関連MEMO

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
漂白剤のお風呂に週に2回 道化師様魚鱗癬と闘う1歳児(米)
つい言ってない?子どもには通じない「大人のジョーク 」6つ
「22歳の息子に弁当作って何が悪いわけ?」 母親の怒りに賛否が相次ぐ
ふつうの扇風機に見えますが...日本初なんです
もしも介助犬がたった1匹であなたに近寄ってきたら?その時にやるべき対応
  • このエントリーをはてなブックマークに追加