2040年には4割が一人暮らしの予想 厚生労働省

2040年には4割が一人暮らしの予想 厚生労働省

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/01/13
No image

動画を見る(元記事へ)

厚生労働省の推計で、2040年には一般世帯のうち4割が一人暮らしになる見込みであることが分かりました。

厚労省によりますと、日本の世帯数は2015年以降増え続け、2023年に約5400万世帯となり、ピークを迎える見込みです。その後は減少し、晩婚化や未婚化などが進むことから2040年には一般世帯の4割近くが一人暮らしになると予想されています。また、65歳以上の未婚率が2040年には男性で15%、女性で10%にまで上昇することなどから65歳以上の男性で5人に1人、女性では4人に1人が一人暮らしとなる見込みです。厚労省は、家族のいない高齢者が増えることを想定して、社会福祉の在り方を考える必要があると分析しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
父を刺し死なせた慶應大生 恵まれた人生を覆った父のDV疑惑
【寒波】最後にもう1度だけ言うけど、来週  “とんでもないこと” が起こります / 月曜が合図で、そのあと終わりが来ます
遺体は不明の3歳男児 死因は低体温症か溺死 福井
相鉄HD「追い出し」問題の実像、バスジャック解決の運転手も休職...会社側発言めぐり不当労働行為認定
行方不明の田中蓮ちゃんか 福井・九頭竜川で遺体
  • このエントリーをはてなブックマークに追加