愛犬家が八ヶ岳に集合!「アウトドアドッグフェスタ in 八ケ岳 」が開幕

愛犬家が八ヶ岳に集合!「アウトドアドッグフェスタ in 八ケ岳 」が開幕

  • RBB TODAY
  • 更新日:2018/09/23
No image

愛犬家が八ヶ岳に集合!「アウトドアドッグフェスタ in 八ケ岳 」が開幕

もっと画像を見る

22日、八ヶ岳高原リゾートで恒例の「アウトドアドッグフェスタ in 八ケ岳 」が開幕した。会期は2日間、全国から大勢の愛犬家や出展者が集まり、朝から駐車場は満車状態だった。筆者は、このイベントに昨年に続き愛犬と参加した。

No image
No image
No image
No image
No image

■ワンさまニャンさま

同イベントの魅力のひとつが、イベント限定の特価で商品が販売されていること。昨年は「鹿のうちわ」と呼ばれる骨を、ワンさまニャンさまにて500円(3本入り)で購入した。同店は今年も出展しており、足の甲である「ひづめボーン」(5個1,500円)、わばら骨の「ワンさまシカスペアリブ」「デンタルケア」(SS6本700円、S1本300円、L1本400など)といった製品を販売していた。また、人気のジャーキーは、前足肉・首肉240g袋で2,980円、背ロース・モモ肉80g袋で980円といった低価で販売されていた。

No image
No image
No image
No image

■京丹波自然工房

今回筆者が購入したのが京丹波自然工房の鹿骨・猪骨500円。普段、愛犬には牛の骨を与えているのだが、いつまでも飽きずに噛んでいるほどだ。昔はデンタルガムを与えていたのだが、今ではもっぱらこれだ。購入したものは多少肉のついている骨で、冷凍保存する必要があるという。ブースでは猪ミンチジャーキー、鹿いぶくろ、鹿ミンチジャーキーなどの試食(犬用)もおかれていたので試してみるといいだろう。

No image
No image
No image
No image

■ふうりんしゃ

ワンコのための車椅子を展示していたのは、ふうりんしゃ。16歳4ヵ月でなくなった愛犬のために作った車椅子がきっかけだという。最近、オーダーメイドでペットの車椅子を作るところを見かけるようになってきたが、同社の特徴は4輪であること(2輪も製作販売)。老犬の散歩のほか、ご飯を食べるときの補助、床ずれ防止などにも使われているという。前方にはあご載せクッションがあり、ここに顎を載せて眠るワンコもいる。価格の目安は4輪車椅子でSサイズ(6kg以下、体高36cm以下)で25,000円。

No image
No image
No image
No image

■ぐれいすわん

また今回筆者が体験してみたのは、スウェーデン式ドッグマッサージ。出展していたのは「ぐれいすわん」と言うショップで、普段では小・中型犬2,000円のところ、1,000円で施術していた。手術後のリハビリで行う人が多いというが、血行がよくなるため小さいころから行っておくのがおすすめだという。骨格と筋肉にそってマッサージが行われており、うっとりとした愛犬の顔が印象的だった。

No image
No image
No image

■ホンダアクセス

この他、「マテ」の時間や距離を競う競技やタイムレースも実施。例年通りホンダアクセスもワンコのための車種を展示し、注目を集めた肉球シフトノブも見られた。

残念ながら体験はできなかったが、実はアウトドアイベントも魅力の一つなのだ。カヤック体験(1組5800円、ワンコ1組800円)、熱気球体験(大人2000円、こども1500円、ワンコ(20kgまで)無料)、愛犬とトレッキング120分(大人4000円、子ども2000円、ワンコ無料)なども用意されている。

No image
No image
No image
No image
No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
無印良品のトートバッグがめちゃくちゃ画期的で、売り切れ続出中。
「生理中なのに短パンをおろしてくる旦那」に悩む女性 怒りの主張に共感相次ぐ
日本の女の子の「盛る技術」を、世界が後追いする理由
「整形女のクセに」同僚の告げ口で、彼に整形がバレた。金で美を買った女を襲う修羅場
辻希美、「センスがない...」気合を入れて衣替えするもクローゼットに批判殺到
  • このエントリーをはてなブックマークに追加