最新ランキングをチェックしよう
世界的な株価下落局面で「米国株ひとり勝ち」が続く根本的理由

世界的な株価下落局面で「米国株ひとり勝ち」が続く根本的理由

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2018/10/11

欧州株と新興国株が大幅下落
10月に入って世界の株式市場が変調をきたし始めている。9月までは好調に推移してきた「親米国」の株価指数も軒並み大幅な下落を強いられている。
8月23日付の当コラムで筆者は、当時、大幅な通貨・株価下落に見舞われたトルコの次に同様の危機を迎える可能性が高い国・地域として、①反米的な姿勢を続けるEU(もしくはユーロ圏)と②新興国、の二つを挙げた。そして、どちらに危機が訪れるか

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
儲かる住宅ローン!「たくさん借りて、急いで返さない」が正解だった
日本にまともな戦闘機は開発できない。そこを認識すべき
ドイツ政府もフランス国民も「温暖化対策より経済」
全国初の無人店舗 トライアルが13日開業 福岡・大野城市
<コラム>韓国には「化け物」みたいな人がときどきいる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加