「ボールをもらいたがらない」ハリルJ。自信も確信もない負けっぷり

「ボールをもらいたがらない」ハリルJ。自信も確信もない負けっぷり

  • Sportiva
  • 更新日:2017/11/12

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が「現段階で世界一」と評するブラジルとの一戦は、来年のW杯本大会へ向け、日本代表が自らの力量を知る好機だった。

だから、結果はそれほど気にする必要はない。結果以上に重視すべきは、日本がブラジル相手にどんな戦いを挑むのか。要するに、試合内容である。

ブラジルの勝利は、両者の力関係を考えれば、最も起こる確率の高い結果であり、1-3というスコアも健闘の範囲内と言っていいものだったのかもしれない。ところが、肝心な内容はあまりに無残なものだった。

今回のブラジル戦を前に、日本代表にそれなりの期待をかける声もあった。その根拠となっていたのは、これまでの戦いぶりである。

つまり、過去の日本代表は、アジア勢相手ならボールポゼッション率で圧倒し、「強者の戦い方」でねじ伏せることができたが、ひとたび世界の舞台に立つと、「弱者の戦い方」を強いられてきた。だが、今のチームはアジア勢との対戦でも相手の攻撃面での長所を消し、堅守速攻でチャンスを作るサッカーで勝ち上がってきており、世界の舞台でも同じスタイルを貫くことができる。むしろ、相手ありきで布陣や選手を使い分ける「弱者の戦い方」は、相手が強くなってこそ本領を発揮するのではないか、と考えられていたわけだ。

しかし、そんな淡い期待はあっけなく打ち砕かれた。

オーストラリア相手なら、前からプレスをかけてよし、引いてブロックを作ってよし、だった守備組織も、ブラジル相手では面白いようにパスをつながれ、崩された。

前半のスコアは0-3。一方的と言っていい点差だったが、試合内容はスコア以上に酷かった。

日本の選手たちはブラジルのスピードにまったくついていけず、ボールを奪うことができない。どうにか奪うことができたとしても、攻撃に転じようにもパスをつないでリズムを作ることができず、なかば破れかぶれのパスを相手DFラインの背後に蹴るしかない。チャンスを作る以前に、まともにパスをつなげないのでは、勝負になるはずもなかった。

特に気になったのは、ボールを奪ったあとの1本目のパスがつながらないということである。

ハリルホジッチ監督は「1本目のパスにミスが多かった」と表現したが、特に前半に関して言えば、「ボールを奪っても、パスの出しどころがない」というケースが多かった。MF長谷部誠が「みんな、ボールをもらいたがらないようなところがあった」と語っていたとおりだ。

No image

ボールを奪ったあと、出しどころがなく、効果的な攻撃ができなかった日本

守備から攻撃へ、より速く効果的に転換するためには、ボールを奪ったあとの1本目のパスでどれだけ有利な局面を作れるかが重要となる。ところが、この試合に限らず、現在の日本代表は1本目のパスをつなげずにボールを失うケースが非常に多いのだ。その結果、低い位置からロングボールを蹴るだけの強引なカウンター狙いばかりが多くなってしまうのだが、それではシュートチャンスまで持ち込むのは難しい。

後半に入ると、確かに日本の選手たちはいくらか落ち着いてボールを動かせるようになり、攻撃回数を増やした。

DF槙野智章のゴールが生まれたコーナーキックにしても、ピッチ中央で長谷部がFW大迫勇也にクサビの縦パスを入れ、そこから左サイドを駆け上がったDF長友佑都にボールがつながった場面から得たものだ。60分を過ぎ、日本が徐々に効果的な攻撃の形を作れるようになったとも言えるが、それ以上にブラジルの選手たちが後半に入り、明らかに緩んだことのほうが大きかった。事実上、前半で勝負が決したことを考えれば、当たり前の現象である。

ハリルホジッチ監督は、何度も「後半には満足している」と繰り返し、「(後半の)ブラジルが世界一のプレーを見せられなかったのは、日本がそれを出させないプレーをしていたから。選手のパフォーマンスを評価しなければいけない」と話していたが、それはあまりに都合のいい解釈というものだろう。

DF酒井宏樹が「後半、(日本が内容的に)よく見えたと思うし、実際よくなったが、ブラジルはモチベーションが下がり、フレンドリーマッチなのでケガをしないように、というプレーになっていた」と語ったように、実際にピッチに立ち、ブラジルの強さを肌で感じた選手たちの実感のほうが、おそらく真実に近い。

長谷部もまた、「後半はブラジルが(ペースを)落とした部分はある」と言い、こう続ける。

「(後半に)前から(プレスで)ハメにいってミスを誘ったことを手応えと言っていいのかどうか。ブラジルが本気で(パスを)回してきたら、かわされていたかもしれないし、(後半の内容なら通用したという)確固たる確信は今日のゲームでは持てない」

敵将のチッチ監督にしても、「チームとしての組織においては失うものがあったとしても、(交代出場した選手たちに)チャンスを与え、選手個々を見ることが重要だった」と語り、交代選手を次々に投入した後半は、選手のテスト的な色合いが濃くなったことを認めている。試合終盤、日本が前線からプレスをかけているにもかかわらず、低い位置からでもリスキーなつなぎに徹するあたり、ブラジルはもはや”遊んでいた”に近い。日本は前半で勝負を決められ、後半は適度に花を持たせてもらったわけだ。

試合前日、ハリルホジッチ監督は「強い気持ちを持って臨み、ブラジルにダメージを与えたい」と話していたが、ダメージを与えるどころか、完全にもてあそばれてしまった。

W杯前年のこの時期、日本代表はヨーロッパに遠征して強豪との試合をこなすのが、恒例となっている。だが、これほどまでに、何を武器にどう戦おうとしているのかが見えなかった試合は記憶にない。

先月行なわれたニュージーランド戦やハイチ戦のときをはじめ、現在の日本代表が「何もないチーム」になってしまったことを、すでに何度か指摘したが、この試合はそのことを改めて印象づけるものだった。

ポゼッションを重視しないことはいいとしても、だからといって、高い位置で狙いどおりにボールを奪ってカウンターを繰り出せるわけでもない。逆に中途半端な攻撃を仕掛けては、強烈なカウンターを食らった。

ハリルホジッチ監督はメンタル面を改善点に挙げ、「相手をリスペクトしすぎた」と選手たちの自信を欠いたプレーぶりを嘆いたが、言い換えれば、選手たちが自信を持ってこの一戦に臨めなかったのは、自信の裏づけとなるべきものを、これまで積み上げてこられなかったからではないのか。

力の差を見せつけられ、大敗を喫したこと自体は大きな問題ではない。例えば8年前の秋、日本代表はオランダに0-3で敗れたが、選手たちは積極的にボールを動かし、それまでやってきた、つないで崩すサッカーで真っ向から挑んだ。実力差はいかんともしがたく、結果的に大敗を喫したが、試合内容は好感の持てるものだった(結局、W杯前に、そのサッカーを捨ててしまうことになるのだが)。要するに、重要なのは「負けっぷり」である。

日本代表は、何を武器にW杯を戦おうとしているのか。

この試合からは、それがまったく見えてこなかった。

◆スペインの知将は「大迫、岡崎の2トップでいくべきだった」と提言>>>

■サッカー代表記事一覧>>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
FIFAがロシアW杯の審判員36人を発表、日本からは佐藤隆治審判員が選出
【選手権出場校】千葉・流経大柏|市船エースを封殺したU-18代表DF、長崎総附の大会No.1FWに宣戦布告!
ハリル監督来日、東アジア杯で「J選手見極めたい」
ハリル監督、ロシアW杯の組み合わせは「ブラジルW杯よりも難しい組に」
敗戦もJ内定CBとの対戦で得た手応え。筑陽学園のエースMF梶原「全然手の届かない場所ではない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加