川口春奈、大河『麒麟がくる』の撮影現場で独自の“お触りあいさつ”封印して奏功か

川口春奈、大河『麒麟がくる』の撮影現場で独自の“お触りあいさつ”封印して奏功か

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2020/02/03

独自のあいさつをやめておいてよかった?
 NHK大河ドラマ『麒麟がくる』が初回19.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で好スタートを切った。
 同ドラマといえば、すでに撮影が進んでいた昨年11月、主要キャストの1人だった沢尻エリカ被告が薬物事件で逮捕・起訴され、代役に川口春奈を立てて、沢尻被告のシーンの撮り直しが行われていた。
「オファーは受けたものの、川口さんは時代劇初挑戦。不安たっぷりだった

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加