高安 土俵際逆転で2敗キープ 内容よりまず白星「勝っていけばまた違うでしょう」

高安 土俵際逆転で2敗キープ 内容よりまず白星「勝っていけばまた違うでしょう」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/07/16

◇大相撲名古屋場所9日目(2018年7月16日 ドルフィンズアリーナ)

No image

大相撲名古屋場所9日目、高安は突き落としで玉鷲(左)を下す(撮影・岩崎 哲也)

カド番の大関・高安はピンチを切り抜け、2敗を守った。立ち合い後に右を抱えられて押し込まれたが、差し手を抜いて体を回転させると、逆に玉鷲の体が泳ぎ、隙を逃さず突き落とで勝負を決めた。鋭い踏み込みから突き放すイメージで、この日の朝稽古にも取り組み、「きょうがポイント。きょう勝てば残りもいけると思う」と後半戦をにらんでいた。

休場明けだが、「初日に比べれば徐々に良くなってきている」と状態も上向きだ。ヒヤヒヤながら白星を並べて御嶽海を2差で追う展開。初優勝も狙える位置に、「御嶽海も凄くいい相撲を取っていますから、僕は優勝には少し遠い。僕は僕でその日の相撲に集中して盤石の相撲を取るだけ」と自然体を強調していた。

コンディションが快方に向かう中、流れ的には理想とした形ではなかったが、「勝つことが大事。内容は伴わないけど、勝っていけば、また違うでしょう」と安どした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
栃ノ心 14日の夏巡業から合流 負傷後初めてぶつかり稽古で胸出す
栃ノ心が夏巡業に合流 カド番の秋場所へ「考えすぎると緊張する」
錦木 夏巡業で一番人気「来場所は絶対に勝ち越したい」
稀勢、鶴竜と仙台で復興土俵入り「元気になってもらえれば」
豪栄道、中耳炎から稽古再開「だいぶ良くなった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加