ロボカスタマイズACT『M.A.S.S. Builder』Steam早期アクセス9月スタート!PvPの追加などロードマップも公開

ロボカスタマイズACT『M.A.S.S. Builder』Steam早期アクセス9月スタート!PvPの追加などロードマップも公開

  • Game Spark
  • 更新日:2019/08/18
No image

ロボカスタマイズACT『M.A.S.S. Builder』Steam早期アクセス9月スタート!PvPの追加などロードマップも公開

もっと画像を見る

No image

Vermillion Digitalは、ロボカスタマイズアクション『M.A.S.S. Builder』のSteam早期アクセスが2019年9月に開始になると発表しました。

同作は、細部まで外見をカスタマイズ可能な巨大ロボ「M.A.S.S.」を操り、地球を襲う敵モンスターや、立ちふさがる他の「M.A.S.S.」と戦っていく3Dアクションゲーム。公開されたロードマップでは2020年7月までの予定が記されており、より多くのユーザーがゲームを楽しめるようにするため、ストーリーが半分まで開発が終わったあと、2020年7月にPvPマルチモードを実装するとしています。

No image

また、発表内では新たな“アビリティツリー”の要素や、ペイントのグロー効果追加、新たな敵やボスなどが紹介。全26ミッション中6ミッションが既に実装済みであるとしました。

また、NPCからのサブミッションオファーである“Hunting Grounds”についても紹介されています。なお、機体のポーズ付けて撮影できるフォトグラフィーモードもあるとのことで、こちらは「アーリーアクセス前にはリリースしたい」とのことです。

『M.A.S.S. Builder』は2019年9月(13日予定だが早まる可能性もあり)にSteamにて早期アクセス開始予定です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゲームカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
プロ野球ファンに朗報?「ヤクルトの優待変更」は“神宮通い”に追い風か
TGS2019、注目ゲームから最新ハードまで知りたい人必見!「ゲームの電撃」ブースの配布物がアツい
オリジナル動物で戦いを繰り広げるガチンコ3Dアクション「Animal Fight Club」:発掘!インディーゲーム(Steam)
成田空港でのプレイが話題のプロゲーマーが謝罪 「プロとして模範に」
次のプライム化はアトラス!超豪華景品も飛び出す『Warframe』ファン感謝祭日本初開催レポート!

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加