哀川翔、手作りロボットで戦う世界の学生たちに感動「大事なことを教わりました」

哀川翔、手作りロボットで戦う世界の学生たちに感動「大事なことを教わりました」

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2017/09/16
No image

9月18日放送、NHK総合『あっぱれロボコン!~ABUロボコン東京大会2017』ロボコン応援団の団長・哀川翔(右)、応援リーダーの吉本実憂(左)が出演(C)NHK

8月27日に都内で開催された『ABUアジア・太平洋ロボットコンテスト2017東京大会』(主催:ABUアジア太平洋放送連合)の模様が、NHK総合の番組『あっぱれロボコン!~ABUロボコン東京大会2017』(18日 前10:05~10:59)で放送される。

【写真】日本からは東京工業大学と東京大学が出場

アジア・太平洋地域の大学などの学生が参加し、今年で16回目の開催となった『ABUロボコン』。日本で開催されるのは8年ぶりで、過去最多の18の国と地域から選ばれた19チームが参加した。手作りロボットで直径25センチほどのディスクを飛ばし、得点を競い合う熱戦が繰り広げられた。大会の様子をインターネットライブ配信したところ、世界中から200万を超えるアクセス数を記録したという。

日本からは東京工業大学と東京大学が出場し、東京工業大学は準決勝、東京大学は準々決勝で惜しくも敗退。決勝に進んだのは、ベトナムとマレーシアで、熱戦の末、ベトナム代表がABUロボコン史上最多となる6回目の優勝を果たした。放送では、世界中を熱くした名勝負の数々と舞台裏の熱いドラマを伝える。

大会の進行を務めたのは、ロボコン応援団長に就任した俳優の哀川翔と、ロボコン応援リーダーの女優・吉本実憂。終了後、哀川は「盛り上がったね。いい試合が多かった。通常ならあきらめようと思うところをあきらめないで攻めていくっていう、あの気持ちは生きるために必要だなと思いましたし、感動を覚えました。最後まであきらめちゃいけないっていう、大事なことを教わりました。戦って勝敗はつくんだけど、互いに健闘をたたえる感じがいいね。きょうの大会を見ながら、来年への期待が高まりました」。

吉本も「これが世界大会なんだ、と感じました。国の代表としての選手たちのみなさんの熱が伝わってきたのはもちろんのこと、応援団のみなさんも遠方からかけつけて大きな声で応援していました。メンバーのチームワークも感じられて、試合も終始どきどきして、たくさん鳥肌がたちました。本当に楽しかったです」と、それぞれ感想を語っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
[MOM2219]湘南学院DF鈴木凱斗(2年)_緊急出場のCBが完封!試合後は欠場の先輩DFに「次、お願いします!」
欠場の判断した3年生CBのためにも勝利へ一丸。湘南学院が第3シード・横浜創英破り、初の8強入りへ前進!:神奈川
U-19全日本大学選抜WEST、阪南大MF山口拓真や東海学園大FW児玉駿斗ら
ウメハラ選手の逆転劇が神ってるHyperXブースのストV対戦レポ
2年生FW綿谷が存在感放つも、“創英モデル”十分に発揮できず...。昨夏の覇者・横浜創英は初戦敗退に:神奈川
  • このエントリーをはてなブックマークに追加