青学大、駒大と並び首位!徳本が3打点の大活躍

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/10/12

<東都大学野球2部:青学大5-0専大>◇12日◇神宮

青学大が専大に5対0で勝利し、勝ち点を3に伸ばし、駒大と並び首位に立った。

3回裏、1死一塁から徳本健太朗外野手(3年=龍谷大平安)の中堅への適時打で1点先制すると、続く小坂井智朗(4年=日大藤沢)の犠飛でこの回2点。8回裏には、再び徳本の2点適時打と、小坂井の適時打で試合を決めた。

3打点を挙げた徳本は「1戦目で、専大の高橋礼投手(4年=専大松戸)の球に対応できなかった。今日は高めのストレート球がきたら、上から叩くイメージで振った」と、振り返った。

青学大の勝利で、2部の優勝は来週17日にから行われる第7週の駒大との直接対決に持ち込まれた。2部優勝チームは、1部2部入れ替え戦へ臨む。今日、大活躍の徳本は、「2部で優勝して、絶対に神宮球場に帰ってきて入れ替え戦を戦いたい」と、意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ドラフト1位の引き際。あの豪腕投手は、なぜ27歳で引退を決めたのか
本塁打王ゲレーロ 中日の評価が驚くほど低い理由とは
【小関順二のドラフト指名予想】広島東洋カープ編 「黄金時代へ 需要に合ったドラフト戦略を」
あのプロ野球ドラフト1位選手!引退と引き際について
阪神・掛布前2軍監督、“オーナー付アドバイザー”正式受諾へ 27日就任会見
  • このエントリーをはてなブックマークに追加