レクサス CT200h、燃料タンク不具合でリコール...給油時のガソリンが漏れるおそれ

レクサス CT200h、燃料タンク不具合でリコール...給油時のガソリンが漏れるおそれ

  • レスポンス
  • 更新日:2017/12/06
No image

レクサス CT200h(2016年)

もっと画像を見る
トヨタ自動車は12月6日、レクサス『CT200h』の燃料タンクに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2016年11月21日~2017年2月7日に製造された640台。

燃料タンクに対してインレットパイプが傾いた状態で溶着され、接合面が部分的に溶け込み不足となっているものがあることが判明。そのため接合面がはがれて、給油時や満タン時に燃料が漏れるおそれがある。

改善措置として、全車両、燃料タンクを良品と交換する。

不具合および事故は起きていない。海外市場からの情報により発見した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
東名夫婦死亡事故前にも“トラブル” 「ケンカ売ってんのか」と怒鳴る
屋久島に“救急トロッコ” 縄文杉ルート、登山者の傷病に対応
左折車線から悪質な割り込みをする身勝手な車。しかし警察は見ていた!
3歳男の子が行方不明 父親が目離した10分で...
ベンツの運転手に絡まれ煽られていた軽自動車。しかし軽の方が一枚上手だった
  • このエントリーをはてなブックマークに追加