真冬並みの寒気 冬型の気圧配置強まる 北日本や北陸で大荒れ

真冬並みの寒気 冬型の気圧配置強まる 北日本や北陸で大荒れ

  • ハザードラボ
  • 更新日:2016/12/02
No image

中山峠

1日昼ごろの札幌・南区の中山峠のようす(北海道開発局リアルタイムカメラ)

寒冷前線の影響で北日本と東日本では、今夜からあすにかけて冬型の気圧配置が強まり、北海道や東北、北陸では雪を伴う非常に強い風が吹くおそれがあるとして、気象庁が警戒を呼びかけている。

気象庁によると、ロシア極東の低気圧からのびる寒冷前線の影響で、1日夜からあすにかけて、北日本の上空に真冬並みの強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まる見込み。

このため、北日本の日本海側や北陸地方では、大気の状態が非常に不安定となって、1日夜から断続的に雪が降り、あす2日には暴風雪が吹いて、海は大しけになるおそれがある。

2日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北海道の陸上で20メートル(35メートル)、東北地方の陸上で18メートル(30メートル)、北陸地方の陸上で20メートル(35メートル)、気象庁は、大雪による交通障害や雪崩に注意するよう呼びかけている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大学ブランド力ランキング北陸・東海編、総合1位は名大に - 私立1位は?
2歳女児 一夜明け無事保護「よかったよかった」
衝突事故で車のシートに「顔面魚拓」が!―英メディア
アマゾン倉庫ロボット公開 商品棚が自動で右に左に
千葉大「かなり重い処分になる」集団強姦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加