「寅さん」22年ぶりの新作 東京国際映画祭オープニング

「寅さん」22年ぶりの新作 東京国際映画祭オープニング

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/07/12

山田洋次監督(87)の「男はつらいよ お帰り 寅さん」が10月28日に開幕する第32回東京国際映画祭のオープニング作品に決まった。

No image

東京国際映画祭のオーブニング作品に決まった「男はつらいよ お帰り 寅さん」のポスタービジュアル(C)2019 松竹株式会社

第1作の公開から50年。シリーズ50作目となる作品は1997年の「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇」以来、22年ぶりの新作。渥美清さん扮する寅さんのおいっ子・満男(吉岡秀隆)と、満男が思いを寄せたイズミ(後藤久美子)のその後を描く。

山田監督は「先行き不透明で重く停滞した気分のこの時代に、寅さんのセリフにあるように“生まれてきてよかったと思うことがそのうちあるさ”と、50年をかけて製作したこの映画が日本のみならず世界中で一人でも多くの観客の“心の希望”となることを切に願います」とコメントを寄せた。12月27日公開。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
女優、筒井真理子が語る「人生の不条理を知ることで強くなれる」
東京ディズニーシーの新テーマポートの名前は「ファンタジースプリングス」! エリアのあちこちに泉が湧いていて癒やされそう~♡
7月20日の注目映画第1位は『アベンジャーズ/エンドゲーム』
マイケル・ジャクソン10周忌 「友人の元少年」2人による性被害の告発に、全米が揺れている
ナタリー&スカヨハ登場!アンジーの姿も「マーベル」フェーズ4の作品発表

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加