ポチェッティーノ監督、“愛弟子”メイソンの手助けを約束「これから幸せになれる」

ポチェッティーノ監督、“愛弟子”メイソンの手助けを約束「これから幸せになれる」

  • サッカーキング
  • 更新日:2018/02/15
No image

愛弟子の引退を惜しむポチェッティーノ監督 [写真]=Getty Images

トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、先日26歳で現役引退を発表した元イングランド代表MFライアン・メイソンに対して最大限のサポートを行うことを表明した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

メイソンは、昨年1月22日に頭蓋骨を骨折し、手術を受けた。12カ月に渡って治療を続けたものの、ピッチ上に戻ることは叶わなかった。トッテナム在籍時の同選手を指導したポチェッティーノ監督は、「彼と初めて会った時のことをよく覚えている」と、昔を思い出しながら引退を惜しんだ。

「私が初めてトッテナムに来た時、関係者から、彼はこのクラブで出場したことがないと聞いていたんだ。なぜなら、ローン移籍を繰り返していたからね。練習を見ていても、とても苦しそうだった。でも、オフシーズンにアメリカへ向かった時、彼と30分ほど話したよ。そこで彼のキャラクターを好きになったんだ」

「プレシーズンで、彼は私の考えを全て理解していたね。戦術トレーニングを数回やっただけで、どう動くべきかを頭に入れていたんだ。本当に素晴らしい選手だったさ」

「メイソンと彼の家族を愛している」と同選手への信頼を語ったポチェッティーノ監督は、引退後のキャリアの手助けを望んでいる。「成功すべき人間だし、これから幸せになれると確信している。すでにクラブのトレーニング施設に顔を出している。コーチになる可能性だってあるよ」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
いちごで当たり!目が離せない「もぐもぐタイム」
市川美余さん、カー娘のおやつタイムは「体を回復させて頭をリフレッシュする大切な時間」
衣装がはだけたハプニングに「ひどく責任を感じる」、仏ペアのデザイナー
ドイツ、82年ぶり表彰台独占=複合個人〔五輪・ノルディック複合〕
カーリング女子日本のおやつタイムが「かわいすぎ」 試合途中の映像に釘付けになる人続出

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加