EVテスラ、アップル技術者を引き抜き...自動運転担当副社長に

EVテスラ、アップル技術者を引き抜き...自動運転担当副社長に

  • レスポンス
  • 更新日:2017/01/12
No image

米国のEVメーカー、テスラモーターズは1月10日、自動運転「オートパイロット」のソフトウェア部門の副社長に、クリス・ラットナー氏が就任すると発表した。

クリス・ラットナー氏は、アップル社の世界的に知られたソフトウェア エンジニア。11年間在籍したアップル社では、プログラミング言語の「Swift」を設計し、その責任者を務めていた。

Swiftはアップルのアプリケーション開発に使われる言語。「Linux」で開発する際の言語としても急成長している。アップル入社前、クリス・ラットナー氏は、オープンソースのコンパイラ基盤、「LLVM」の開発を主導していた。

クリス・ラットナー氏の入社に伴い、「SpaceX」のソフトウェア部門とテスラのオートパイロット ソフトウェア部門を一時的に副社長として兼任していたJinnah Hosein氏は、SpaceX事業に専念する体制に。

テスラモーターズは、「クリス・ラットナー氏がオートパイロットの開発チームに加わり、自動運転社会の到来がさらに近づくことを楽しみにしている」とコメントしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
おつかれさま。初代iPhone、とうとう米キャリアでも通信不能に
2016年に消えたGoogleの7つのサービスとは?
知っているようで知らない格安スマホ&SIMの基礎知識
“ざっくり”した自転車用ナビ「Beeline」...目的地の方向と距離だけ、電子ペーパーで表示
YouTubeの抜け穴を利用してポルノ映像が共有されている

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加