実家暮らしでお金が貯まらない人の特徴4選

実家暮らしでお金が貯まらない人の特徴4選

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/12/01

●とりあえずで買う習慣はNG!

生活費大半を占める支出の家賃。実家暮らしなら、家賃がかからないのでお金が貯まると思いきや、そうでもない人もいるようです。実家暮らしなのになかなかお金が貯まらないに共通する特徴を見ていきましょう。

No image

実家暮らしなのに、なかなかお金が貯まらない人の特徴って?

自分の支出・資産を把握していない

毎月の収入、つまり自分の給料を知らないという人はまずいないと思います。ところが、使っているお金(支出)を把握していない人は意外と多いです。実家暮らしで浮いた分のお金を好きなように使ってしまい、気づけば支出が収入を上回っていたというケースも。支出が把握できなければ貯金は遠のくばかりです。家計簿でしっかり管理して貯金への一歩を踏み出しましょう。

自分の資産(貯金)を把握していないことも貯金ができない原因の1つです。例えば、銀行の普通口座で給料振込、各種引落し、貯金のすべてを兼ねていた場合、生活費に使うお金と貯金の区別がつかないため、実際よりも貯金があると錯覚してしまいます。生活費用口座と貯金用口座を使い分けて、貯金額を明確にさせましょう。

後先を考えずに使ってしまう

気に入った物を見つけたらとりあえず買うといったお金の使い方もNG。そのときに買った物も、後から考えればなくても良かったと思うケースも。こんな無駄遣いをしていると、実家暮らしで余裕があるはずでも貯金はなかなかできません。貯金を継続的にしていくには、計画的な買い物が必要不可欠です。毎月いくらまでは自由に使えるのかを確認し、時には我慢をして予算の中で買い物をするようにしましょう。

※写真は本文と関係ありません

あまったら貯金と考えがち

毎月お金があまったら貯金しようと思っていませんか? これは貯金ができない人に共通する考え方ですが、こういった緩い意識では、他のことを優先しがちです。貯金はできるときと、できないときがあるため、決まった金額を貯金することは極めて難しいと言えるでしょう。この状況を改善するには「先取り貯金」が効果的です。給料が入ってきたらすぐに一定額を貯金用口座に移し、残ったお金で生活をする習慣をつけると、無理なく貯金できるようになるでしょう。

ライフプランを立てていない

実家暮らしの人は、一人暮らしに比べて金銭的に余裕があるという意識が強いため、それによって、いつでも貯金できると過信してしまっている人も多く見かけます。漠然と貯金したいと思っているだけでは、貯金できません。家を買うために何歳までにいくら貯金する必要があるといったライフプランをたて、自分の収入と支出のバランスを見ながら、そのためには毎月いくら貯めた方がいいのかを判断しましょう。将来どんな生活を送っていきたいのかを想像し、その目標に向かって行動することが貯金への近道です。

筆者プロフィール:武田明日香(たけだ あすか)
エフピーウーマン所属、ファイナンシャルプランナー。日本テレビ「ZIP!」やTBSテレビ「あなたの損を取り戻せ 差がつく! トラベル!」「Saita」「andGIRL」等の雑誌、「webR25」「わたしのマネー術」等のウェブサイトなど幅広いメディアを通じ、お金とキャリアの両面から女性が豊かな人を送るための知識を伝えている。人生の"やりたい"が"できる"に変わるお金の教養スクール開講中!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ガッキーは体重47キロ?『逃げ恥』テロップに女子戦慄
ご利益にあやかろう。生まれた時からボーボーの毛のすごいベイビー(イギリス)
週に4回はしたほうがいい...!? 「エッチのすごいメリット」4つ
「出世する男」が飲み会で必ずしていること6つ
「この老夫婦、40年前の姿が想像できたら神だと思う...」孫が見たら仰天しそうな写真
  • このエントリーをはてなブックマークに追加