アジアの交通渋滞事情を奇抜に再現。ライドシェアの有用性をPRする米Uberのブランドムービー

  • AdGang
  • 更新日:2017/11/20

Case: Let’s Unlock Cities

米Uberが“ライドシェアの有用性”を訴求するユニークなムービーを公開しました。

アジアの大都市では渋滞が多発…そんな現状をデフォルメして伝えています。ロケ地はタイのバンコク。

このムービーの世界では車の代わりにダンボールが登場し、人々はそのダンボールで“通勤”しています。

No image

街に出ると路上にダンボールを“駐車”する人、ぶつかってクレームをつけてくる人など様々な“ドライバー”に遭遇します。

No image
No image

そんな中人々は“渋滞”に徐々に巻き込まれていきます。

No image
No image
No image

街中はダンボールに溢れ、いつのまにやら不要なダンボールが積み上がっている状態に。「自家用車が多すぎてむしろ余っているのでは?」とライドシェアリングのメリットを示唆しているようです。

No image

ムービーの最後には「よい街をつくろう」「一緒に“乗ろう”」というキャッチコピーが表示されます。

Uberはアジアの9都市で、71%以上の人が車の所有をライドシェアに置き換えることができると考えているといいます。ライドシェアの有用性を、「アジアの都市での交通渋滞」という実態に焦点をあてて一風変わったテイストで映像化した取り組みした。

(viaUber Unlock Cities)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
あの89歳自撮り婆さん「西本喜美子」の展覧会が開催される!相変わらずシュールと話題に
なぜ100円ショップのセリアは「客層分析」をやめたのか?
それは本当に「虐待」ですか?二児の母が突然逮捕・起訴されるまで
「キラキラネーム」が原因でいじめられた女性 「親を恨みます」に同情の声も
【なんだか分かる!?】ディズニーランドの従業員が「来場者に対して絶対にやってはダメなこと」が話題に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加