“唯一の大学生”上田綺世が不名誉記録...「決定機でのミス」がコパ・アメリカ最多に

“唯一の大学生”上田綺世が不名誉記録...「決定機でのミス」がコパ・アメリカ最多に

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2019/06/25
No image

コパ・アメリカで決定力を欠いた上田(C)REUTERS/AFLO

コパ・アメリカ2019で苦杯をなめたのが、日本代表FWの上田綺世だ。

現在20歳のストライカーは、所属する法政大学と東京五輪代表チームで決定力を見せ、2021年の鹿島アントラーズ入団も内定。コパ・アメリカで大学生では9年ぶりとなるA代表入りを果たした。今大会に登録された12か国276名のうち、大学生はもちろん上田だけだ。

しかし、ブラジルの地で歓喜はもたらせなかった。スタメンで初キャップを刻んだチリ戦、途中出場だったウルグアイ戦とエクアドル戦と、多くのチャンスを得ながら3試合連続でノーゴールに終わったのだ。

スタッツを見ると、「決定機でのミス」は実に5回。これはグループステージを終えた時点で断トツの大会最多だ(2位は2回でウルグアイのルイス・スアレス、アルゼンチンのラウタロ・マルティネスなど7名)。初の大舞台で不名誉記録を作ってしまった。
総シュートは6回で、そのうち枠外が5回、枠内が1回。そもそもゴールの枠にシュートがほとんど飛ばなかった。決定機を迎えているのだから動き出しは良かったと言えるが、やはりストライカーはゴール数で評価されるのが宿命だ。

この悔しさをバネに成長したい。

構成:ワールドサッカーダイジェスト編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本ツアーに18歳のチェルシーMFは帯同せず。不選出の理由は?
神戸入りも噂されたデ・ロッシのボカ移籍が決定的に! 「99パーセント合意済み」で、早ければ今週金曜日に正式発表へ
現時点での「今夏最高額移籍ランキング」がすごい!まだ17日なのに
久保加入のレアル、「地獄の12分間走」で1位だった選手が判明!
「BOOM!」 久保建英、レアル公式感嘆の“逆足ミサイル弾”に海外紙も反応
  • このエントリーをはてなブックマークに追加