福岡のバチスタCD、墜落事故で友亡くし「悲しい」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/11/30

11月に福岡の経営全般に携わるチーフディレクターに就任したブラジル人のカルロス・エイキ・バチスタ氏(53)が30日、福岡市内の練習場で、ブラジル1部シャペコエンセの選手らを乗せた飛行機墜落事故を悲しんだ。同氏は09~13年に名門サントスの経営に関わるなど幅広い人脈があり「ブラジルで関わりのあった友人5人が亡くなった」と言う。惨劇に触れ「サッカーの歴史で一番ひどい、悲しい出来事。寂しい。時が止まったみたいだ」と語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ムヒタリアン、シーズン序盤のつまづきは「モウリーニョではなく自分のせい」
サッカー史上「もっとも姑息なPK」がコレだ!!
活躍していない本田圭佑を、ミランが急にアゲ始める! その理由とは?
シャルケ内田、先発で復帰の可能性も...指揮官「準備ができている」
岡崎、先発フル出場。レスターは守備崩壊で5失点完敗。勝利したポルトは2位通過
  • このエントリーをはてなブックマークに追加