【天皇杯】大分、勝利目前で悪夢のオウンゴール... 無人のゴールにバックパスの衝撃!

【天皇杯】大分、勝利目前で悪夢のオウンゴール... 無人のゴールにバックパスの衝撃!

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2019/08/14
No image

天皇杯3回戦で鹿屋体育大と対戦した大分。思わぬ形で延長戦に突入することに。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

第99回天皇杯全日本サッカー選手権大会は8月14日、各地で3回戦の16試合を行なった。昭和電工ドームでは、鹿屋体育大対大分トリニータの一戦が行なわれているが、土壇場での衝撃的なオウンゴールが飛び出し、試合は延長戦に突入している。

試合は拮抗した展開のまま後半アディショナルタイムに突入すると、大分が91分、右からのクロスボールを星雄次が頭で合わせ、土壇場で先制ゴールを奪う。2回戦では名古屋グランパスを破っている鹿屋体育大だが、これで、勝負あったかに見えた。

しかし、その2分後、思わぬ展開が待っていた。93分、ボールを保持した大分がディフェンスラインでボールを回すと、鹿屋体育大FWの藤本一輝が諦めずにチェイス。すると、大分DFの刀根亮輔がゴール方向を見ずにバックパス。この瞬間、自陣ミドルエリアをケアすべくGKポープ・ウィリアムはゴールを空けており、ボールは無人のゴールへ。これがそのままゴールに吸い込まれた。

敗色濃厚かに思われた鹿屋体育大の選手が歓喜に沸く一方で、大分の選手たちは土壇場で生まれたまさかのオウンゴールに衝撃を受け、呆然と立ち尽くすばかり。試合は1-1で延長戦に突入することとなった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
レアル久保、乱闘騒動で仲裁役 憤怒の相手に“紳士対応”で現地称賛「平静さを示した」
堂安律、急きょベンチ外。PSV移籍の噂も監督は“仮病”を疑わず
レアル・マドリーのエリクセンへのオファー
安部裕葵、バルサB初ゴール! スペイン紙絶賛「素晴らしい個人技」「相手を驚かせた」
大食い大会に参加した男性が死亡 「噛まずに飲みこんでた」との情報も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加