最新ランキングをチェックしよう
男をやめた私だって「親になりたかった。自分の子供が欲しい」

男をやめた私だって「親になりたかった。自分の子供が欲しい」

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2017/11/12

男性として生まれたものの自らの「性別」に違和感を覚え、同性愛、性同一性障害など、既存のセクシャルマイノリティへ居場所を求めるも適応には至らず、「男性器摘出」という道を選んだ鈴木信平さん。そんな鈴木さんが、「男であれず、女になれない」性別の隙間から見えた世界について描いていきます。今回は鈴木さんの「憧れの生活」について大いに語ります。
バックナンバーはこちら http://gendai.ismedi

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加