アーセナル、11年在籍の英代表FW売却を検討か。古巣セインツやハマーズが興味

アーセナル、11年在籍の英代表FW売却を検討か。古巣セインツやハマーズが興味

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/12/05
No image

アーセナルに所属するセオ・ウォルコット【写真:Getty Images】

冬の移籍市場で、アーセナルがチームに所属する28歳のイングランド代表FWセオ・ウォルコット売却を検討しているようだ。4日に英紙『メトロ』が報じている。

同紙によると、補強に使う資金を確保するためにアーセナルがウォルコットの売却を計画しているとのこと。同選手に対してはサウサンプトン(愛称:セインツ)とウェスト・ハム(愛称:ハマーズ)が関心を示しているようだ。

ウォルコットは2006年にサウサンプトンからアーセナルに加入し、今年で11年目となる。昨季は公式戦37試合に出場し19得点2アシストを記録したものの、今季はなかなか出場機会を掴めていない。契約期間は2019年6月まで残っているが、出場機会を求めて来年1月のタイミングでチームを離れることになるかもしれない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スペイン代表、ロシアW杯出場権はく奪の可能性が浮上...FIFAが政治干渉を警告
Instagram、日本で最も人気だったハッシュタグは?<2017年ハイライト>
優勝候補スペイン、W杯出場権はく奪!? FIFAから警告も会長は自信
原口、今冬の移籍浮上 クラブ幹部「彼自身が招いたものだ」
【ウインターカップ2017 コラム】U16日本代表候補は1年生ながら40分間フル出場。東山撃破に大きく貢献(星川堅信/洛南)

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加