ソフトバンク甲斐「驚いた」上林「思い出を」侍選出

ソフトバンク甲斐「驚いた」上林「思い出を」侍選出

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/10/12
No image

ソフトバンク甲斐(17年6月29日撮影)

侍ジャパン稲葉篤紀監督(45)の初陣となる「ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」(11月16~19日、東京ドーム)に出場する代表メンバー25人が12日発表され、ソフトバンクからは甲斐拓也捕手(24)と上林誠知外野手(22)の2人が選ばれた。

オーバーエージ枠で選ばれた甲斐は世代別を含め、初の選出に声を弾ませた。「驚いたが素直にうれしい。まずは肩という長所をしっかり出して、チームに貢献できるように頑張りたい。投手と会話を多くして、しっかりリードできるようにしていきたい」。

仙台育英時代にU18日本代表に選ばれて以来の代表選出となった上林は「高校の時はあまりいい思い出がないので、いい思い出を残して帰りたい。稲葉監督にとっても初めての大会なので、優勝を目指して頑張りたい」と、抱負を語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
カープ投手陣に恵みの雨 22日も中止なら...中4日で3本柱再び登板!
掛布阪神前2軍監督、セパ首位が日本シリーズ戦うべき「CSは考える時期に来ている」
ドラフト1位の引き際。あの豪腕投手は、なぜ27歳で引退を決めたのか
さあ来週はドラフト会議!清宮を「いちばん伸ばせる」球団はここだ
本塁打王ゲレーロ 中日の評価が驚くほど低い理由とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加