羽生善治「永世七冠」誕生 将棋界で前人未踏の偉業

羽生善治「永世七冠」誕生 将棋界で前人未踏の偉業

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/12/05
No image

動画を見る(元記事へ)

将棋界で前人未踏の偉業が達成されました。

鹿児島・指宿市で行われていた第30期竜王戦七番勝負第5局が5日午後に終わり、羽生善治棋聖(47)が勝利しました。これで羽生棋聖は、将棋界史上初となる「永世七冠」の称号を獲得したことになります。永世の称号は7つのタイトルに設けられた栄誉ある称号です。タイトルにより獲得する条件が異なります。今回の竜王戦の場合は連続5回、もしくは通算7回の獲得が必要となります。過去、羽生棋聖は竜王のタイトル戦で2度、渡辺明竜王に負けていて、今回が3度目の挑戦でした。永世の称号は原則として引退後に名乗れます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
難しすぎる!?フィギュアスケート採点方法の不思議
高橋大輔氏が全日本選手権を展望 19日に女子、20日に男子を分析/フィギュア
宇野昌磨が優勝より難ジャンプ挑戦を優先する理由は「羽生結弦の影」
羽生結弦 氷上練習再開へ 調整期間1週間 厳しい状況も...全日本出場あきらめない
羽生結弦が異例連日談話、五輪選出確実もプラン再考
  • このエントリーをはてなブックマークに追加