元SMAPよりニノを取ったスポーツ紙の忖度事情

元SMAPよりニノを取ったスポーツ紙の忖度事情

  • 週刊女性PRIME
  • 更新日:2017/11/14
No image

『72時間ホンネテレビ』で3人の力を見せつけた、草なぎ剛、香取慎吾、稲垣吾郎

元SMAPの稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)が出演したインターネットテレビAmebaTVの72時間生放送特番『72時間ホンネテレビ』が5日に終了したが、その取扱いをめぐり芸能メディアの“忖度”が見て取れた出来事になった。

2日の番組開始のニュースは、3日のスポーツ紙が一斉に報じたが、

「日刊スポーツなど“頭記事”として大きく紙面を割いたところもありますが、逆に中面で小さく報じた社もあり、それぞれの芸能面のスタンスが見て取れて、興味深かったですね」

情報番組の芸能デスクはそう語り、

「うちはもちろんオンエアしませんよ。あれは、テレビ朝日系のネットTVですから」と、忖度の必要のない他局ならではの気安さをそう明かし、

「資本関係にあるテレビ朝日の情報番組も取り扱いませんでした。編成から、扱うなというお達しがあったと聞きました。それだけ取り扱い注意物件ということです」

翌4日のスポーツ紙の紙面は、さらに隠しの“忖度度合い”が手に取るように分かったという。

前出・情報番組の芸能デスクが続ける。

「嵐の二宮和也が主演する映画『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』が3日に初日を迎えたのです。それを受けて東京で発売されている翌日のスポーツ紙は、6紙中5紙がトップ記事で、まさに“ラージラージ”でした。それに対して、元SMAPの記事は、“スモールスモール”って感じでしたね」

ところが1紙だけ、元SMAPの記事をトップで扱い、その下に二宮の記事が小さくレイアウトされていたのだ。それは、スポーツ報知だ。

「その日、いろんな関係者から電話をもらいました」と苦笑いを見せるのは、同紙芸能担当記者。

「“大丈夫なの?”とか言われましたけど、それだけ周囲に“芸能界の忖度”が染みついているということだと思いましたね。紙面のレイアウトと所属事務所の関係というのは、無関係ではありませんが、事実無根のことを書かない限り、表立った抗議なんてくるわけがない」

と、どこ吹く風だ。

ちなみに、「ラージラージ」「スモールスモール」とは、ジャニーズ事務所の広報担当者が、各スポーツ紙のジャニーズ担当記者に対して言う言葉だ。

例えば、紙面で大きく宣伝してほしい場合は「○○の映画の件、ラージラージでよろしく」、逆にスキャンダルや熱愛報道の場合は「スモールスモールで」と、記事の扱いを小さめにしてほしいということ。また、テレビの場合はこれが「ロングロング」「ショートショート」になる。

元SMAPの面々が活躍の幅を広げるに連れ、バッティングすることも増える。その際、スポーツ紙はどうレイアウトするのか。

大人の忖度が試される季節が当面は続きそうだ。

<取材・文/薮入うらら>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ふなっしー「テレビ出演しない理由」に称賛集まる
『ドクターX』に出演する若手女優、ここがスゴい!
“日本一のコスプレイヤー”えなこ、美バスト全開の悩殺SEXYショット
高橋一生、月9『民衆の敵』大爆死のウラで......あのヒット連ドラのオファーを蹴っていた!?
藤田ニコル「元彼にチャラい事されて、ボロボロに...」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加