GLAYのTERU&TAKURO、晴天のサン・マルコ広場でバラード熱演

GLAYのTERU&TAKURO、晴天のサン・マルコ広場でバラード熱演

  • ナタリー
  • 更新日:2018/02/14

GLAYのTERU(Vo)とTAKURO(G)が、2月13日(現地時間)にイタリア・ベネチアのサン・マルコ広場にてアコースティックライブを開催した。

No image

TERU(Vo)とTAKURO(G)。

すべての写真を見る(全4枚)

No image

2人は当初、12日にライブを行う予定だったが雨天のため中止に。一転して13日は晴天に恵まれ絶好のライブ日和となった。会場となったサン・マルコ広場には多くの観客が集まり、中には日本から訪れたファンの姿も。14:00になると2人はストリングス隊とキーボーディストを従えて登場。TERUが「日本から来ました、GLAYのTERUです」とイタリア語で挨拶をすると大きな拍手が起こった。

そして彼らは「the other end of the globe」を皮切りに、「pure soul」「あなたといきてゆく」といったバラードを披露。イタリア語での曲紹介を交えつつ、伸びやかなサウンドで観客を惹き付けていった。2人がラストナンバーとして「HOWEVER」を演奏することを伝えると歓声が起きるなど会場は大いに盛り上がった。

最後にTERUは「Ci vediamo l'anno prossimo(また来年会いましょう)」と再会の言葉を口にし、TAKUROも「Grazie!(ありがとう)」と集まった観客に感謝の思いを伝えてステージをあとにした。なおGLAYは、TERUの発案でファンクラブ発足30周年記念ライブをサン・マルコ広場で行うことを目標に掲げている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
乃木坂46、ファンが選ぶベストソング発表<ランキングベスト11位~20位まで>
桑田佳祐、全国40万人動員ツアー「がらくた」を映像化。初回盤には映画&本も同梱
桑田佳祐ツアー映像化した「がらくたライブ」発売、初回盤には映画「茅ヶ崎物語」同梱
サイコ・ル・シェイム、復活後初の完全オリジナルAL『Light and Shadow』発売決定
amiinAの歴史感じられる初の映像作品「Historia」発売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加