北海道の旬を味わいに全国から客が集まるレストラン5選

【札幌】北海道の旬を味わいに全国から客が集まるレストラン5選

  • るるぶ.com
  • 更新日:2016/11/30
No image

こんにちは。全国の厳選レストランを食べ歩く「るるぶダイニング」編集部です。旅行先として大人気の日本最北端の地・北海道の札幌。1年を通して観光客が押し寄せる札幌ですが、冬に訪れる人のお目当てはやっぱり旬の海の幸。でも、北海道には魚介類以外にも美味しい食材が盛りだくさん。今回は地元の美味しい食材を使った料理を提供する札幌のレストランをご紹介。

■北の海鮮炙り ノアの箱舟

No image

<いろりで炙って新鮮魚貝を食す> 北海道の新鮮な魚介を中心に、北の海の幸と山の幸が提供される『北の海鮮炙り ノアの箱舟』。北の大地に建つ奇抜なデザインの建物に一歩足を踏み入れれば、そこにはファンタジーな空間が。英国人アーティストによる、ギリシャ神話をイメージした壁画や洗練された装飾の店内は、まるで異国の地にいるかのよう。

No image

<各テーブルに完備した炭火いろりで旬を味わう> 炭火を使ったいろりは各テーブルに完備。担当スタッフが目の前で豪快に焼き上げてくれるので、素材ごとの一番美味しいタイミングを逃すことなく味わえるのが嬉しいところ。季節に合った素材が用意されているので、北海道の旬の味覚を心ゆくまで堪能しよう。

No image

<魚介類だけじゃない! 北海道の旬の素材も魅力のひとつ> 料理は北海道の新鮮な魚介を中心に、旬の採れたて野菜や厳選されたお肉など、北海道の海の幸だけでなく山の幸までまるごと楽しめる。

■RISTORANTE TERZINA(リストランテ・テルツィーナ)

No image

<道産食材とイタリア食材のハーモニーと厳選ワインが魅力の本格イタリアン> 2002年創業の『RISTORANTE TERZINA(リストランテ・テルツィーナ)』は、開店以来リストランテとして札幌で愛され続けてきたお店。シックな色合いで統一された店内は重厚さがありながらも、温かみのある優しい雰囲気に包まれている。独創的なアイデアと新鮮な素材の組み合わせはもちろん、充実したワインリストも魅力。

No image

<トリュフやポリチーニ、チーズなどのイタリア食材と相性抜群の旬の道産食材> 運ばれてくる料理の品々は北海道の農家の方が大切に育てた食材を中心に使用。味にアクセントをつけるために、イタリア産など世界のおいしい食材も取り入れているので、おいしさとともに驚きも見つけられるはず。

No image

<まだ出会ったことのないワインとの至福のひととき> イタリア産を中心に、常時200種類を超えるワインがお出迎え。ソムリエ厳選のワインとともに、至福のひとときを過ごしてみては?

■Bistro La Provence(ビストロ ラ・プロヴァンス)<プレミアホテル中島公園 札幌>

No image

<自然豊かな海と大地が育んだ郷土の味わい> 「プレミアホテル中島公園札幌」内にある『Bistro La Provence(ビストロ ラ・プロヴァンス)』では、自然豊かな海と大地が育んだ郷土の味わいを、アットホームな雰囲気の中でワインと共に気軽に味わえる。

No image

<素材本来の味を活かしたメニューの数々> 北海道の豊かな自然で育った野菜や穀物などの「大地の糧」や、魚介類などの「海の糧」が親しみやすい郷土料理になって登場。素材本来の味を生かした料理と、約1,500本のワインとマリアージュも楽しみのひとつ。

No image

<店内は気取らないアットホームな雰囲気に> ホテル内にありながらカジュアルに食事を楽しめるレストランは、日中は暖かな陽が差し込み、夜は照明を落とした落ち着いた空間に。全64席、立食なら80名までのイベントもできるので、少人数での会食や女子会などのパーティーにもオススメ。

■レストラン 虫狩

No image

<活鮑ステーキを目当てに全国からお客さんが訪れる、隠れ家的レストラン> フランス料理を中心に北海道産の食材が楽しめる『レストラン虫狩』。閑静な住宅街の真ん中にある隠れ家的なレストランだが、大自然の海で育った活鮑を使ったステーキをお目当てに、全国から多くの人が訪れる人気レストランだ。

No image

<活鮑を生かしたコース料理の数々> 環境の整った大自然の海で育った鮑を使ったステーキは、レストランのオープン以来から用意している看板メニュー。活鮑を独自の方法で調理しているので、今までにない食感と味わいが楽しめる。

No image

<北海道産の黒毛和牛や毛ガニを使った贅沢料理> 活鮑以外にも、炭火で焼き上げた黒毛和牛のステーキや、冬の季節には熟成させた蝦夷鹿の料理、市場で買い付けた毛ガニのオードブルなど、北海道産の食材を使用した料理が豊富。食事の最後は、日本人が大好きなお茶漬けで締めが待っている。

■サッポロビール園 ジンギスカンホール

No image

<札幌の観光名所で、できたてビールとジンギスカンを堪能> 札幌の観光名所のひとつであるサッポロビール園。その中にある『サッポロビール園 ジンギスカンホール』では、サッポロビール北海道工場から直送される生ビールを片手に、自慢のフレッシュラムのジンギスカンを豪快に楽しめる。

No image

<ビール好きにはたまらない! 工場直送の樽生ビール> お店で提供される「サッポロクラシック」は、100%協働契約栽培の大麦を使用。さらに、柔らかくてまろやかな恵庭の伏流水を使って作られた北海道限定の生ビール。園内でしか飲むことができない「サッポロファイブスター」を味わうこともお忘れなく。

No image

<新鮮な生ラムを特製ジンギスカンのタレで召し上がれ> 食事のメインとなるお肉はくさみやクセがないラム肉を使用しているので、ジンギスカンがはじめての人でも大丈夫。中心が凸型のジンギスカン鍋が、肉から出る余分な脂や水分を落として美味しく焼き上げられたラム肉に、リンゴやレモンの風味を活かしたこだわりの特製タレをつけて食べれば、最大限に引き出された肉の旨みが楽しめるはず。

※記事の内容は取材時のものです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

お店カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
11月都内注目の新店11選!見なきゃ損する肉の名店のオープンラッシュ!
予約がなかなかとれない!?名店もつ鍋♡
2016年グルメタウンとして大躍進した“錦糸町”!まずは抑えたい穴場の名店厳選6軒
【高カロリー】チャイナ飯店の「とりにくチャーハン」は唐揚げの存在感がスゴイ! 神奈川県横浜市
上野マルイに12月9日(金)、新しい”食”エリア誕生!

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加