オリックス能見篤史抹消 10日打球受け降板 1軍同行し投手コーチ専念

オリックス能見篤史抹消 10日打球受け降板 1軍同行し投手コーチ専念

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/06/11
No image

10日、巨人松原の打球が左足に当たり、負傷交代する能見篤史(左)

オリックス能見篤史兼任投手コーチ(42)が11日、出場選手登録を抹消された。今季オリックス加入後は初めて。

10日に交流戦の巨人戦(京セラドーム大阪)で7回に登板し、松原の打球を左足下部に受けて降板していた。大事には至らなかったが、1軍に同行して状態の回復を待ちながら投手コーチ業に専念する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加