伏見工の流れくむ京都工学院、報徳学園に逆転負け 5大会ぶり花園出場ならず

伏見工の流れくむ京都工学院、報徳学園に逆転負け 5大会ぶり花園出場ならず

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/22

第100回全国高校ラグビー大会の近畿地区最後の1枠を懸けた近畿ブロック代表決定戦準決勝が21日行われ、京都工学院は21―24で報徳学園に敗れ、花園出場はかなわなかった。

No image

近畿ブロック代表決定戦準決勝。報徳学園戦を前に円陣で気合を入れる校と工学院フィフティーン

全国4度の伏見工の流れをくむ京都工学院は前半を21―7とリード。しかし後半に1点も奪えず追いつかれると、終了間際にPGを許し勝ち越された。記念大会ということで1枠増えた近畿地区。5大会ぶりの出場を狙ったが、名門校の花園への道は断たれた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加