無観客大阪ダービーはドロー決着 C大阪・中島弾で先制も、G大阪がPKで追いつく

無観客大阪ダービーはドロー決着 C大阪・中島弾で先制も、G大阪がPKで追いつく

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/03

◇明治安田生命J1第12節  C大阪1-1G大阪(2021年5月2日 ヤンマー)

No image

<C大阪・G大阪> 前半、シュートを放つC大阪・大久保(中央) (撮影・後藤 大輝)

無観客での大阪ダービーは1―1の引き分けに終わった。

C大阪が主導権を握って試合を進め、前半44分にFW豊川がPKを獲得。これを自らが蹴ったが、左ポストに弾かれて絶好の先制機を逃す。

そのまま試合は進み、迎えた後半29分に途中出場のMF中島が右足でシュートを放つと、これが相手に当たってややコースが変わり、ゴールへと吸い込まれC大阪が先制した。

だが、同37分にG大阪のDF昌子が放ったシュートがFW加藤の手に当たり、今度はG大阪がPKを獲得。これをFWパトリックが蹴り込み同点に追いついた。

試合はそのままタイムアップを迎え、ドローに終わった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加