《コロナ時代のアマビエ》隈研吾が手がけた角川武蔵野ミュージアム外壁に巨大な「武蔵野皮トンビ」登場!

《コロナ時代のアマビエ》隈研吾が手がけた角川武蔵野ミュージアム外壁に巨大な「武蔵野皮トンビ」登場!

  • ウレぴあ総研
  • 更新日:2021/01/12
No image

《武蔵野皮トンビ》 鴻池朋子 2021 Ⓒ2021 Tomoko Konoike Courtesy of Kadokawa Culture Museum

【写真】角川武蔵野ミュージアムの画像をさらに見る

1月8日から11月にかけ、埼玉県・ところざわサクラタウン内にある角川武蔵野ミュージアムにて現代美術家・鴻池朋子の作品「武蔵野皮トンビ」が披露される。

この展示は、2020年11月から始まった公益財団法人「角川文化振興財団」主催の《コロナ時代のアマビエ》プロジェクト第2弾。

同プロジェクトでは、コロナ禍の中で人々に求められるイメージを、6人のアーティストが順番にそれぞれの解釈で制作。1年間に渡って、リアルとバーチャルの複合文化ミュージアムである角川武蔵野ミュージアムで展示していく。

今回、鴻池による作品はミュージアムの外壁に設置。隈研吾氏による堅牢な岩の建築と、人間同様の脆さと有限性のある皮革を支持体とする鴻池作品の対照性に注目してほしい。

さらに、トンビの身体には様々な生き物や景色、現象が描かれている。様々な問いが投げかけられたこの作品を眺めながら、まだ先の見通しが不透明な2021年に思いを馳せてみてはいかがだろうか。

現在、角川武蔵野ミュージアム公式WEBサイトにて、オンラインチケットを発売中。

当日券の販売も実施しているが、予約の状況によっては希望の時間に入場できない可能性もあるため、事前予約がおすすめだ。

また、コロナの感染状況による館内入場制限や注意事項については公式WEBサイトで随時掲載されるとのことなので、そちらも併せてチェックしてほしい。

<作家ステイトメント>
美術館の中か外かというならば、もはや私はどこであっても、その展示場所に特に違いはないような心持ちになっています。

けれどもひとつ思う事は、美術館の中はとても安全で守られている、それが一番の弱点と感じるようになってきました。

理不尽に聞こえますが、その“妙な感触”は、遡れば東北の震災を経たあたりからより自覚的になってきたように思います。

感覚は言語に先行して情報を捉えます。人間にとって利点であるはずの、「守られている」ということを、なぜ直観力は弱点とするのか探ってみたいと思います。

作品は牛革を縫い合わせ水性塗料を塗っただけの素朴な製法で、いわゆる「絵画」を屋外に晒しているような状態です。

「動物の皮」は天候とやりとりしながら、約1年間、人間の皮膚のように経年変化しタフに歳とっていくことでしょう。
鴻池朋子

◆《コロナ時代のアマビエ》プロジェクト詳細
全期間:2020年11月〜2021年11月
場所:角川武蔵野ミュージアム内・外
※詳細は、角川武蔵野ミュージアム公式WEBサイトをご覧ください。

<展示作家作品スケジュール(予定)>
2020年11月〜2021年3月末:会田誠 《疫病退散アマビヱ之図》 / 2Fエントランスおよび4階エディットタウン入り口にて展示中。
2021年1月〜2021年11月:鴻池朋子 《武蔵野皮トンビ》
2021年3月〜2021年4月:川島秀明
2021年5月〜2021年6月:大岩オスカール
2021年7月〜2021年8月:荒神明香
2021年9月〜2021年10月:secret

【写真】角川武蔵野ミュージアムの画像をさらに見る

(ぴあWEB)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加