NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
『プラスリンクス』 ヒットの裏に噂の人力運営? 配信直後は入場制限も

『プラスリンクス』 ヒットの裏に噂の人力運営? 配信直後は入場制限も

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2021/07/22
No image

『プラスリンクス ~キミと繋がる想い~』というゲームをご存じだろうか? アプリ全盛の現代において、インストール不要のブラウザ型恋愛ゲームとして、6月21日からサービスが開始されている。

このプラスリンクスは男性向け恋愛ゲームなのだが、最大の特徴はあらかじめ用意された選択肢から会話を選ぶのではなく、プレイヤーが考えた自由文で会話ができる点。これが本作のヒットの要因となっていると同時に、人力で対応しているのでは? と話題になっている。

プラスリンクスの舞台は、東京のとある街・後袋。この後袋で働くプレイヤーは、街の片隅で彼女たちと出会う。そして、チャットアプリを通じて、さまざまな年齢や性格の女の子たちと絆を深めていく……という設定だ。このような設定は恋愛ゲームでは一般的で、とりたてて珍しいことはない。

No image

ゲーム内のチャットアプリは、いわゆるLINEをモチーフにしたと思われる「リンクス」と呼ばれるもので、これを通してチャットコミュニケーションを進めていく。このコミュニケーションが本作のキモ。恋愛ゲームでよくある選択肢から選ぶのではなく、プレイヤーが作成した自由文を入力することができるからだ。

「入力は自由にできても、返信は定型文なのでは?」と思うゲーマーもいるだろうが、ヒットの要因は「ちゃんと会話が噛み合う」点にもある。プレイヤーが入力した文章に応じた返信が来るので、リアルな会話が成立するのだ。

No image

サービス開始直後からこのリアルなやり取りが話題となって、初日から入場制限が行われる盛況ぶり。翌日もこのフィーバーは続き、やりたくでもできない! というツイートも多数見られたぐらいだ。

運営側の発表によると、「6月21日のサービス開始以来、毎日6万件前後のメッセージに対応しているものの、これをさらに上回るメッセージが届いている」とのことだ。

基本プレイ無料のプラスリンクスだが、ゲーム内でのコミュニケーションにはリンクスコインというゲーム内通過が必要になる。だが、事前登録者数10万人超えのキャンペーン報酬として、メッセージ送受信24回分に相当する1,200コインが配布された。これもあって、大量のメッセージがやり取りされたのだろう。

自由文にもかかわらず会話が成立する点はさきほど紹介したが、この点から「メッセージの返信は人力では?」という話題がゲーマーの間で出ている。ゲームという点で考えれば、最近流行りのAI処理かと思うのが自然なように思うが、どうもそうではなさそうだ。

No image

本作のプレイヤーに話を聞いてみると、「人力疑惑は信ぴょう性があると思います。というのは、返信のタイムラグにムラがあること、深夜や早朝の時間帯は返信が来ないこと、誤字脱字もあったりするんです」。

女の子からの返信は、早い場合だと5分程度、遅い場合は数時間かかることもあるようだ。しかも、深夜や早朝の時間帯はほぼ返信が来ないなどを考えると、人力の可能性は否定できない。誤字脱字はご愛嬌だとしても、その分リアルと言えばリアル。

また、プレイヤーたちによる調査で、2020年に募集されていた「ゲームチャットの返信オペレーター」業務が発掘され、さらなる話題に。この業務募集は現在は確認できないものの、クラウドワークス上で募集されていたようだ。

この業務とプラスリンクスの関係性は不透明ではあるものの、募集内容では「某チャットゲームでの返信業務で、1日300~1,000返信」というあながち否定もできない情報が掲載されていた。

現在はもっとお話ししたいというプレイヤーたちの意見を受けてなのか、「夜ふかしさんイベント」が開催中。このイベント中は、9:00~26:00まで女の子とコミュニケーション可能となっており、暑い夏の夜の会話が捗りそうだ。

No image

度重なる緊急事態宣言やステイホームが続いている現代において、人とのコミュニケーションの重要性が再認識されている。この点においてプラスリンクスは時代にマッチした新作ゲームなのかもしれない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加