「現実」の風圧に立ち向かう、新型コロナ時代の演芸

「現実」の風圧に立ち向かう、新型コロナ時代の演芸

  • QJWeb クイックジャパンウェブ
  • 更新日:2021/01/14
No image

いまだ全世界に猛威をふるう新型コロナウイルスは、現在もあらゆる分野に大きな影響を及ぼし続けている。そんなコロナ後の世界が始まった昨年、2020年の演芸界で特筆すべき話題とは? 2020年12月の視点で、放送作家・文筆家の和田尚久が回顧する。

新型コロナの流行に対峙した、2020年の演芸界

昨年、最初の緊急事態宣言の解除を受けて、都内にある寄席のひとつ、浅草演芸ホールは収容人数50%までの定員数で営業を再開した。また新宿末廣亭は秋から100%の収容人数に戻し、10月には新真打披露興行も実施。

その末廣亭から歩いて5分ほどの場所にある吉本興業の「ルミネtheよしもと」は客席を「80%以下の使用」に制限し、前2列は潰す、という「よしもと」らしい現実的な刻み方で観客を迎え入れた。

ことほど左様に、演芸の世界は新型コロナの影響をもろに受け、かつ、対応もケース・バイ・ケースという混乱がつづいています。

かつて川柳川柳という噺家が「歌は世につれ、世は歌につれ……なんてことを言うけど、世の中が歌につられるなんてことはない。現実のほうが圧倒的に強いよ」なんてことを言っていましたが、マッカーサーが帰国して以降、昨年くらい演芸の世界が「現実」の風圧を受けたことはないでしょう。

そんななか、昨年2020年に演芸の世界にはどんなことが起きたのか。順不同で振り返ってみたいと思います。

<2020年>
・神田伯山の活躍
・寄席の逆襲
・高田文夫の回転数
・女性芸人の時代
・最後の名人、野村萬

神田伯山の活躍

松之丞時代にもじゅうぶんに活躍をしていたけど、2020年2月に大名跡の「伯山」を襲名して真打昇進。新宿、浅草、池袋の寄席をコロナ禍のなかで披露目をして(この時点では入場者の制限やマスク着用の要請などはなかった。約1年前のことなのだが、時代の証言として書いておく)、同年3月の国立演芸場公演は中止に。ギリギリのタイミングで寄席三軒での披露ができた「引き」の強さも彼らしい。運のよさってのは実力だからね。

私は末廣亭の1日だけ行けたのですが(午前中に整理券をもらいに行ったりと大騒ぎ)、その日の演目が「グレーゾーン」。披露目中唯一の新作講談で、内容は架空の落語家がテレビに魂を売り渡して「売れる」道を選ぶというバックステージもの。おもしろかった。

伯山一党の動きのよさは、コロナ騒動になる直前にYouTubeチャンネルを立ち上げていたこと。そこで披露目の様子を連日アップした。それを観た人たちが寄席に押しかける、といい循環を生む。特筆したいのは正月に池袋あうるすぽっとで口演した「畔倉重四郎」全段(19席)を無料公開したこと。平凡な男が悪人になり、やがて破滅するまでを描いた世話物で、伯山の根底にあるダイナモによく合致している。

彼はほかの芸をよく観ていて、重四郎でも、悪事が露見し処刑される間際に、主人公が平々凡々とした「善人」たちを嘲笑して終わるのは、芝居の「不知火検校」(宇野信夫)を取り込んだものでしょう。

芸人ってのは客席にいたときの感覚を忘れてしまう人が多いのだけど、彼は客席での貯金が多いところがいい。

No image

『1冊まるごと、松之丞改め 六代目 神田伯山 』(Pen BOOKS /CCCメディアハウス)

寄席の逆襲

これは前のトピックとも関連します。

2021年が立川談志没後10年ということで、いろいろ思い出したことが多いのだけど、立川流創立後の彼は「寄席でちゃんとした芸はできない」ということをたびたび主張していた。「持ち時間」としても、寄席へ来る観客層的にもそれは難しいと。だから落語家は本意気の芸をぶつける場として独演会をベースにすべきだと言い、実際、談志の主戦場は国立演芸場の「ひとり会」でした。今、振り返ってみると、これはそう言わざるを得なかった成り行き(寄席から去った)でもあったと私は考えます。

今は、春風亭一之輔に代表されるように、売れっ子になっても寄席も独演会も共に大事にする芸人が増え、また観客のほうも意志的なチョイスをした上で聴きに来るので、寄席でもちゃんとした芸を鑑賞することが可能になっています。

東洋館に出つづけるナイツなんかも同じです。ついでに言えば、古今亭志ん朝なんかは、40代のころ寄席なんかほとんど出ていない。当時は売れっ子は寄席に付き合わなかった。寄席はマスじゃないから意味が低いと見なされていた。

今は違う。出演者の意識、観客のレベルが上がったということと、インターネットによって、観客から見れば芸人が「今日何をやったか」と、実演家から見れば「観客の反応」が可視化されるようになったことが、地味だけど大きいと思います。

こうした要素が重なり合って「寄席はおもしろい」場になった。

寄席の復権と談志没後十年がクロスすることは偶然ではないでしょう。

それから、これは新宿末廣亭に顕著だけど、圓楽一門や上方の落語家が落語芸術協会の定席に普通に出るようになった。三遊亭萬橘みたいな人が寄席に出るのは大きくて、観客、寄席、演者の皆に利がある。

芸協は秋の昔昔亭A太郎、桂伸衛門、瀧川鯉八の真打披露もきっちり盛り上げたし、講談の神田阿久鯉、活動弁士の坂本頼光、指揮者ものまねの好田タクトなどの才能をピックアップして寄席に出している。このあたりの戦略が見事です。

No image

『いちのすけのまくら』(春風亭一之輔/朝日新聞出版)

高田文夫の回転数

誰しもが言うけど、ここ2年ほどの高田文夫さんのテンション、スピード感はすごいことになっています。

現場の経験と知識を圧倒的に持っている人だけど、けっしてあのころはよかったと懐古的にならないところが素晴らしい。常に情報を刷新していくスタンスは、永六輔さんを上回っていると思います。

しゃべっているだけで、その場が「お祭り」になるから、いろいろな人が慕ってくる。今度、『よみがえる明治座東京喜劇』という公演のプロデュースもされるけど、それも楽しみ。明治座ってのが、いい(2021年1月末には古今のギャグをまとめた『ギャグ語辞典: ギャグにまつわる言葉をイラストと豆知識でアイーンと読み解く』が誠文堂新光社から発売。筆者もちょっと参加しています)。

No image

『ギャグ語辞典: ギャグにまつわる言葉をイラストと豆知識でアイーンと読み解く』(高田文夫・松岡昇・和田尚久・佐野文二郎/誠文堂新光社)

女性芸人の時代

いまほど女芸人、コメディエンヌの質が高く、数も多い時代はないですね。

友近という別格の天才のほかに、ゆりやんレトリィバァ、渡辺直美、横澤夏子、相席スタートの山崎ケイ(この間、なんと噺家と結婚)、阿佐ヶ谷姉妹、馬場園梓、尼神インター、吉住なんていう才能がそろっている。

2020年に出てきたという意味では、ラランドのサーヤがやっぱり新しい。女芸人は容姿をイジり(イジられ)、自虐含めてネタにする古さをなかなか脱却できないけど、サーヤは初めからそこに無関係だし、ほかの女芸人に「それがやりたいことなの?」と煽動するクリアさもいいです。

ほかには、大阪の一卵性双生児姉妹コンビ、Dr.ハインリッヒの漫才がおすすめ。スタイリッシュなビジュアルも格好いい。

ネットの時代の才能だと思うのは丸山礼。女子あるあるや韓国ドラマのパロディネタなんかをYouTubeで発信しています。いるいる、こういう人、と思わせる切り取りの巧さ。そしてどこか病んでいるのが当世流です。

丸山礼 コント「大阪のお祭りで店番をしているギャル」

最後の名人、野村萬

と、つらつら話してきましたが、私が今、最も見るべきだと思っているのは野村萬の至芸です。1930年生まれの狂言師。この人が能、歌舞伎、落語含め、現役の芸人のうちで最も巧い人だと私は思っています。

よく「(桂)文楽、(古今亭)志ん生を聴いた至福」を演芸ファンは言います。私は文楽、志ん生に間に合っていませんが、文楽の代わりに野村萬を観たと、はっきり言えます(じゃあ志ん生は誰かというと、観世榮夫を思い出します)。折り目正しさと、語の本来の意味でのユーモア。おかしみを雰囲気ではなく、圧倒的な技術を通して現前させること。これほどの狂言師はほかにいません。

「木六駄」や「清水座頭」、「釣狐」の猟師、「萩大名」などが絶後の名演でしたが、この間観た「清水」の、水の汲み方を教えられた太郎冠者が苦々しげに「知っています」というひと言の粛然とするほどの深さ。

90歳を越えた野村萬は、今、能楽堂で観ることができます。ぜひ検索をして足を運んでみてください。

和田尚久

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加